streaming kitAVerMedia BU110

持ち込み型ゲームパーティ「C4 LAN 2018 WINTER」はゲーマーのための宴だった!

持ち込み型ゲームパーティ「C4 LAN 2018 WINTER」はゲーマーのための宴だった!

こんにちは!新人ライターゆばです。イベントに参加してきてはそのイベントについての記事を書いている男です。

今回は日本最大級持ち込み型ゲーム「C4LAN 2018 WINTER」に三日間ぶっ通しで参加してきました。

「LANパーティって何ぞや?」「C4LANって名前は聞いたことあるけど何?」「行ってみたいから雰囲気が知りたい!」など、C4LANに興味がある人に少しでも会場の雰囲気を伝えられればと思い記事にすることにしました。

次回の開催も決まっていますので、この記事を読んで参加したくなった人は是非2019年5月に行われる「C4LAN 2019 SPRING」にも参加してみて欲しいです。

そもそも「C4LAN」とは?

ゲームタイトル・コミュニティの枠を超え、ゲームを遊び倒す持ち込み型ゲームパーティ(LANパーティ)です。 コンピューター、家庭用ゲーム機、ボードゲームなどなど好きなゲームを持ち寄り、同じ空間で遊び倒す3日間。 持ち込みブースでのイベント開催も大歓迎!楽しみ方無限大のLANパーティに、是非ご参加ください! 

【C4LAN公式ページ】より抜粋

 

概要の通り、様々なゲームを参加者自身が持ち寄って3日間の間、現実から切り離された会場にてゲームをひたすらやるイベントです。

日本では認知度が薄いですが世界中で開催されています。大きなところだと「DreamHack」「Quakecon」などがあります。

文字で説明されてもわかりにくいと思います。自分もよく分かっていませんでした(笑)

なので今回の「C4LAN 2018 WINTER」(以下C4LAN)に参加してきた際に撮影した写真で紹介しながら今回のC4LANを振り返って行きたいと思います。

 

~12/7 金曜日 C4LAN初日~

 

会場はベルサール高田馬場。入場手続きをしてエスカレーターで下ると入り口には大きな看板が。

ホワイトボード形式で前向きな意見のみ書いてくださいとの注意書きが(笑)

  

開場は14時からでしたが自分が到着したのは17時頃。会場には既に設営を終えて、思い思いにゲームに勤しむ参加者たち。

写真に写っているパソコンやモニター、ゲーミングチェアは事前にレンタルすることが出来、少ない荷物で参加することも可能です。

全面の特大スクリーンにはステージでのイベントが映し出されます。初日の金曜日は深夜11時になるまで1時間を目安にステージで常にイベントが行われました。

そしてC4LANといえば恒例となったBTOパソコンメーカーSycomさんによるゲーミングピザ配布会が!

群がる参加者!金曜日は300人分のピザが振る舞われました。

多すぎて余ってしまったので食べたい人は複数枚食べれました。私も8枚いただきました。ありがとうサイコムさん!!

このあとはesports大会のキャスターや「岸大河・OooDaのスタングレネード」で有名な岸さん、Ooodaさんによる岸さんぽが行われたり、Twitchにて配信者として活躍しているShobosukeさんが開催しているPUBGの大会、DONCUPなどが行われました。平日ということもあってちらほら席が空いていたのが見えたのですが土曜日の昼頃には殆ど埋まっていました。ちなみにDONCUPは会場のネット回線がパンクして戦えなかったのでじゃんけんにて優勝者を決めました(笑)

テーブルと席はチケットを購入することで3日間フルで使うことが出来ます。席なし参加でもチケットは必要ですが3日間通しで3000円と非常にリーズナブルとなっています。

ちなみに席なしでも会場のレストルームにて宿泊することが可能です!

レストルーム。ここの備品もスポンサー提供されており自由に使うことが出来ます。

土曜日の夜は徹ゲーで疲れた戦士たちの亡骸が無数に横たわります。

終電もなくなる時間になりました。0時です。

深夜になってもステージイベントは続きます。

ステージイベントが映し出される前方のスクリーン。深夜のイベントがない時間はミッドナイト・フリーダムとして参加者はゲームで自分の世界に。

深夜12時半ころからは我らがMCN所属のdayo氏によるLoL(リーグ・オブ・レジェンド)の一対一のタイマンバトル、イグナイトフェスティバルが開催。

参加者はステージ近くに集まり待機。決闘を待ちます。

試合は大型スクリーンで中継されます。この大会、確か深夜4時近くまでやってました。

皆さん眠くなかったんでしょうか…?

 

 

~12/8 土曜日 C4LAN中日~

 

土曜日ということもあり企業ブースの力の入れようが凄かったです。C4LANは三日間行われますが、土曜日は一番盛り上がる気がします。

ここからは企業ブースの写真の紹介などもしていきます。

ゲーミングピザを振る舞ってくれたサイコムさん。最新のBTOパソコンを体験出来ました。

アンケートに答えると先着でドーナツが配られたり参加者には嬉しいサービスが。

これまた恒例となったゲーミング足湯なるサービスも。至れり尽くせりです。

 

気持ちよかったです。

   

ゲーミングチェア界の王者DXRACERさん。

販売している椅子を実際に試すことが出来、深夜には寝ることも出来ました。

そして何よりオークションが行われたのがアツかったです。定価5万円の椅子が半額で競り落とされたりと大盤振る舞いでした。

 

一年ぶりに参加したIODATAさん。

ブース内でスタッフの方と様々なゲームで対戦し勝てたらUSBメモリなどをプレゼントしていました。

私はテトリスとギャングビーストで一緒にプレイさせてもらいました。

スタッフの方が強過ぎてテトリスで全く勝てず、尋ねると「初日に負けたので悔しくて特訓しました!」とのこと。

企業ブースのスタッフもゲーマーだと分かる一面でした。

今回のC4LANではカレー100食配布じゃんけん、C4LAN公式Tシャツ争奪じゃんけん、モニター格安購入じゃんけんなどなにかとじゃんけんで参加者を沸かせていました。

カレーは金沢カレーを初めて作ったチャンピオンカレーが配られ、モニターじゃんけんは144Hzのモニターが8000円、240Hzのモニターが1万5千円で購入できるじゃんけんと大盤振る舞いでした。

人の絶えない人気ブースでした。

 

 

デバイスメーカーのロジクールさん。

マウス早振り選手権や最新PCとデバイスで試遊が出来たり、ロジクール内の高級オーディオデバイスシリーズAstroを体験できました。

早振りに挑戦する大分県eスポーツ協会の方々。

前述の大分県eスポーツ協会は今回が初参加。というよりイベント自体が初参加。

大分県の特産品(主にお菓子や飲み物)を購入して会場で食べることが出来ました。

他にも似顔絵コーナーがあり参加者が思い思いに似顔絵や推しているゲームの宣伝を描いていました。

 

 

プロゲーミングチームDETONATORブース。

ゲーミング煮豚やコラボモデルのPCケース展示、限定コラボモデルのDXRACERのゲーミングチェアが予約出来ました。

嬉しいのは所属選手たちと直接話せることです。サインをお願いしたりプレゼントを渡したり写真を撮ったり…

ファンサービス精神が凄まじいことで有名なDETONATOR、選手と話すファンの方や物販コーナーには笑顔が溢れてました。

ファンミーティングが一段落するとストリーマー部門に所属するStylishNoobさん、SHAKAさん、Yamatonさんが大乱闘で遊んでいました。

 

PCショップTSUKUMOさんはBenqのゲーミングデバイスを特価販売していました。

世界中で愛用されるマウスECシリーズやマウスパッド、オーディオデバイスが一律半額以下で販売されていました。

Benqは某密林さんでも割引セールは行わないので嬉しいサプライズでした。

中にはマウスを3個も購入した参加者もいましたよ。

 

  

超コスパ良好CPUであるRyzenシリーズをリリースして以来自作erの注目を集めているAMDさんは参加者と一緒にパソコンを会場内で組み立てていました。

後で知ったのですが作っている方々はプロゲーミングチームSCARZの選手の方々でした。

慣れないPC自作というeスポーツを抜群のチームワークで攻略していました。

会場ではtwitterキャンペーンも行っており、指定されたハッシュタグをつけて呟くとAMDグッズが貰えました。

 

ドスパラのゲーミングブランドGALLERIAブースでは最新PCでゲームプレイが出来たり

配信ブースで配信が行われたりプロゲーミングチームRascal Jesterのファンミーティングも行われました。

ゲーミングエナドリ、おしぼり配布やメガネ洗浄も… お世話になった参加者も多いハズ。ちなみに洗ってるのは自分のメガネです。

テレビ東京も出展。C4LANの認知度が上がっている証拠でしょう。

 

企業ブースを一通り回り終えるとお昼ごろに… お腹が空いたと思ったら

またまたサイコムさんからゲーミングピザの差し入れが。今回は200食でした。

土曜日の昼ということもあり即完食となりました。美味しかった!!

お昼ご飯を食べて一休みしたところで会場内での一幕もご紹介。

自慢の自作PCを持参する猛者の方や

クセが強いテーブルだったり… 

   

参加者同士で盛り上がっているテーブルも。お祭りの雰囲気が伝わるでしょうか。

まだまだいきますよ!

土曜日の夜は盛り上がりも違います。

ゲーミングチキン配布会!GFC(ガレリアフライドチキン)が配られました。

ゲーミングピザ配布のように注文した量が多すぎたのか、参加者全員に行き渡った後はおかわりもOK!

さらには会場前のイタリアンバー「CUCINA CAFE OLIVA」にてパーティーが開催!美味しいドリンクとディナーが振る舞われました。

談笑したりディナーを食べてガッツリとライフ回復したり、アルコールをキメてハイになってFPSをしたり… 楽しい空間が広がっていました。

  

ステージイベントも盛り上がりを見せました。

ステージイベント「FPS QUEST」では歴戦のFPSプロプレイヤーたちがスーパープレイを連発。

会場を歓声で沸かせました。

 

実況・解説はOoodaさんSHAKAさんとPUBGコンビ。分かりやすい解説で場を盛り上げました。

  

  

 

写真を撮るはずが夢中になりすぎて見入ってしまいましたので写真が飛び飛びです(笑)

イベントのクリップはまだtwitchにて視聴可能なので気になった方はぜひ見て欲しいです。

こんな感じで12月8日土曜日、C4LAN二日目はイベントが目白押しでした。 

ステージイベントなどは面白さが伝えきれていないと思うので、前述のC4LAN公式配信のアーカイブを見ると雰囲気が掴めると思います。

会場をライブカメラで配信していたものなので会場にいる気分を味わえるかも。

~12/9 日曜日 C4LAN最終日~

 

最終日の9日は16時閉場ということもあり昼頃から撤収準備を始める参加者も多かったです。

他にも初日から参加している人はゲームのし過ぎで疲労困憊、なにかしていないと落ちる寸前の方が多かったですね。自分ですが(笑)

ステージイベントは深夜の大人のeスポーツ、DOAXVV エクストリーム撮影大会が爆笑必至でした。是非アーカイブを御覧ください。

ちなみに私はこの時間に完全にダウンしてました(笑)

他にはロジクール主催の恒例マウス早振り選手権の決勝戦が行われました。

そして閉会の儀の前の最後のステージイベントはストリーマー集団RADによるジャスト・ダンス大会でした。

参加者を巻き込んでテンションを上げていました。

ノリノリで踊るRADの皆さん。ダンスうまくて驚愕。

そして閉会の儀へ

ステージイベントの勝者などに送られるガチャガチャコインをステージ上のガチャガチャマシーンに入れ豪華景品を狙います。

鳴り止まないゲーミングタワシコールは風物詩ですね。

大当たりのDXRACER限定版 Ver.光と闇に当選した強運の方たちも。

次回の日程と会場も発表。高田馬場でまた会おう!

ちなみに開催日程は間違っていたらしく、正しくは2019年5月10日から12日の3日間です!

4日間とか死ぬ… と誰かがつぶやいたのが聞こえました(笑)

 

以上で私のレポートは終了です。

個人参加の中写真を撮っての投稿なので雑な部分もありますがこの熱が伝われば幸いです。

気になった方は 「C4LAN2018 WINTER 」公式サイトやTwitchのCyACTV(C4LAN運営)の配信アーカイブを見るといい予習になると思います。

この記事を読んでC4LANが気になった方は次回のベルサール高田馬場にて会いましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【「C4LAN2018 WINTER 」公式サイト】

【Twitch CyACTV】

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。