streaming kitAVerMedia BU110

【プレスリリース】ASUS Tinker Board User Conference2018開催のお知らせ【ASUS】

ASUS Tinker Board User Conference2018開催のお知らせ

ASUS JAPAN株式会社は、 Tinker Boardの国内正規代理店、 TechShare株式会社と共催でクローズドタイプのユーザカンファレンス「ASUS Tinker Board User Conference 2018」を2018年12月4日(火)に秋葉原UDXカンファレンスで開催すること発表しました。 本日からイベントページで参加者を募集いたします。

イベントページ: https://www.physical-computing.jp/page/52

 

Tinker Boardは、 日本国内では2017年販売が開始された高性能なシングルボードコンピュータで、 研究開発や産業用途で利用されています。 また、 Tinker Boardに対応する周辺製品やサービスも着実に増えてきており、 Tinker Boardの対応製品やサービスを提供するパートナー企業の協力で、 今回のカンファレンスの開催が実現したものです。

Tinker Boardの利用を目指すユーザの皆様の支援のため、 利用のためのテクニック、 既に産業利用しているユーザ事例、 Tinker Boardをサポートするサードパティ―製品やサービスを、 本カンファレンスではご紹介していきます。 参加頂くには事前の登録が必要です。 詳しくはTechShareのイベントページをご確認ください。

<ASUS Tinker Board User Conference 2018の開催概要>
・ 日時          : 2018年12月4日(火)12:30~17:30(予定)
・ 会場          : 秋葉原UDXカンファレンス
・ 参加定員    : 120名(予定)
・ 主催         :TechShare株式会社、 ASUS JAPAN株式会社
・ 協力企業    : Seeed株式会社、 株式会社セゾン情報システムズ、 三信電気株式会社、 株式会社アールティ、
                      株式会社センチュリーアークス、 株式会社Candy Line、 オムロン株式会社、 株式会社ソラコム、                         株式会社MTMシステムズ、 株式会社インタラクト
・ 協力販売店 : 秋月電子通商株式会社、 共立電子産業株式会社、 株式会社千石電商、 ツクモ(ロボット王国)、
                      マルツエレック株式会社
・ イベントページ: https://www.physical-computing.jp/page/52

<主な内容>

1.      主な講演内容

□ Tinker Boardの最新トレンドと製品ロードマップ
     ASUSTek Computer Inc.

□ Tinker Boardによる新たなコンピュータビジョンシステム開発のアプローチ
     TechShare株式会社 技術顧問 野村 哲哉

□ Grove Pi+によるTinker Boardの拡張(仮)
     Seeed株式会社 開発者 松岡 貴志

□ センサーのオープンPF対応への取り組み
  オムロン株式会社 イノベーション推進本部 小島 有貴

□ HULFT IoT対応Tinker Boardゲートウエイシステム
     株式会社セゾン情報システムズ HULFT事業部 事業開発部 IoT事業開発グループ 蒲原 和敏
     三信電気株式会社 IoT事業ユニット 事業推進部 1課 赤城 裕樹

□ Tinker Boardによる動画配信システムついて
     株式会社インタラクト 代表取締役 田中 伸康

□ 12MPカメラモジュール「CA378-AOIS」接続試行
      株式会社センチュリーアークス 開発 担当課長 菊地 洋

□ ロボットアームHexBotを用いた暗号化制御の取り組み
     株式会社MTMシステムズ 代表取締役 城野 遼太

2.      展示コーナー

ASUS、 TechShare社、 協力企業を含む11社が製品・サービスの展示を予定しています。 Tinker Boardで実現したAI, IoT,ロボットアプリケーションなど各種事例や最新の対応製品及びサービスをご紹介いたします。

3.      ユーザ交流会

講演セッションの終了後に、 講演者と参加ユーザで気軽に交流できる簡単な懇親会を予定しています。

ASUSについて
ASUSは、 Fortune誌にて世界で最も称賛される企業の1つであると高く評価されました。 明日をスマートな生活にするため、 革新的な製品の開発に専念しています。 包括的なポートフォリオには、 Zenbo、 ZenFone、 ZenBook、 およびAR、 VR、 IoTとともにさまざまなIT機器および世界シェアNo.1マザーボードなどコンポーネントが含まれます。 ASUSは世界中で17,000人以上の人材を擁しており、 5,500人以上の世界TopクラスのR&D人材を確保しています。 イノベーションを軸に、 品質にコミットしたASUSは、 4,385の賞を受賞し、 2016年には約133億米ドルの収入に達しました。

ASUSホームページ: https://www.asus.com/jp/

TechShare社について
社名:TechShare株式会社
所在地:〒135-0016 東京都江東区東陽5丁目28-6 TSビル
設立:2012年1月
資本金:2,000万円
代表者:代表取締役 重光 貴明

TechShare株式会社は、 シミュレーションソフトウェアとオープンソースハードウェア関連製品の開発・販売と受託開発・技術研修などの技術サービスを提供する企業です。 物理シミュレーションや振動解析等のソフトウェア販売事業、 Arduino、 Raspberry Pi、 BeagleBone、 Tinker Board、 LattePanda等のシングルボードコンピュータ及び量産用カスタムボード等の販売事業、 ロボットアームや自律走行ロボットなどのロボット製品販売事業を3つの核として事業展開しています。 自動車、 建設機械メーカーから、 ソフトウェアハウスや開発ベンチャー、 官公庁、 大学・高専等の教育機関まで、 幅広い顧客にサービス提供しています。

オープンソースハードウエア事業関連サイト: http://www.physical-computing.jp/
TechShare公式サイト:  http://www.techshare.co.jp/

この記事の著者

プレスリリースプレスリリースマン

プレスリリース常時受け付けてます。
【pressrelease★mc-n.jp】まで!
※★を@へ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。