streaming kitAVerMedia BU110

【プレスリリース】 4K/VRゲーミングをフルに楽しむための3連ファンOCモデル「ROG-STRIX-RTX2080TI-O11G-GAMING」を発表 【ASUS】

4K/VRゲーミングをフルに楽しむための3連ファンOCモデル「ROG-STRIX-RTX2080TI-O11G-GAMING」を発表

 

ASUS JAPAN株式会社は4K/VRゲーミングをフルに楽しむための3連ファンOCモデル「ROG-STRIX-RTX2080TI-O11G-GAMING」を発表しました。 11月2日からの販売を開始する予定です。

 

製品名 :ROG-STRIX-RTX2080TI-O11G-GAMING
————————————————————
グラフィックスコア:NVIDIA(R) GeForce(R) RTX™ 2080 Ti
ブーストクロック : 1,650 MHz (OCモード時 1,665 MHz)
ベースクロック : 1,350 MHz (OCモード時 1,350 MHz)
メモリスピード : 14,000 MHz
メモリインターフェース:352bit
ビデオメモリ:GDDR6 11GB
搭載ポート:HDMI 2.0b×2、 DisplayPort 1.4×2、 USB Type C×1
電源コネクタ : 8ピン×2
サイズ : 304.7 × 130.4× 54.1mm
価格 : オープン価格
予定発売日 : 11月2日
————————————————————

○「ROG-STRIX-RTX2080TI-O11G-GAMING」の特長

・Axial-techファン
Turing™の温度を厳密に制御するために、 より大きなクーラーを採用しました。 Axial-techファンは、 ファンのハブを小さくすることでブレードを延長し、 バリアリングを増設することで下向きの空気圧を高め冷却効果を向上しました。

・ファン設定を切り替えるDual BIOSスイッチ を搭載
基板上にファンモードの切り替えが可能なスイッチを搭載しています。 Performanceモードでは、 ファンが常に回転してカードを低温に保ちます。 Quietモードでは、 パワーターゲットの設定が優先され、 指定温度に満たない中程度の温度では静かな動作のために緩やかなファンカーブを描きます。 GPU Tweak IIソフトウェアで更に細かい設定をすることも出来ます。

・0dB テクノロジー
0dBテクノロジーにより、 GPUコアの温度が55℃を下回ったときにファンの回転を止めることができ、 負荷の軽いゲームを完全に静かに楽しむことができます。 GPUの温度が上がると、 ファンは自動的に再び回転します。

・防塵規格のIP5Xに対応する「IP5X対応防塵ファン」を搭載
防塵規格のIP5Xに対応する「IP5X対応防塵ファン」を搭載しています。 粉塵が浮遊する環境であっても問題なく動作でき、 ホコリが集まりやすいPCケースの中でも、 長期間にわたって性能の劣化なく使い続けることが可能です。

・オートエクストリームテクノロジー
業界新標準を確立した自動製造プロセスであるAuto-Extremeテクノロジーを使用して製造されています。 従来のスルーホールと表面実装部品のはんだ付けは別々の段階で行う必要がありましたが、 Auto-Extremeテクノロジーでは、 すべてのはんだ付けを1回の工程で完了することができ、 部品の熱的負荷を軽減し、 洗浄薬品の過剰な使用を避けることができます。 最終的には環境への悪影響を低減し、 製造時の消費電力が低く、 信頼性の高い製品を生み出します。

この記事の著者

プレスリリースプレスリリースマン

プレスリリース常時受け付けてます。
【pressrelease★mc-n.jp】まで!
※★を@へ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。