streaming kitAVerMedia BU110

【プレスリリース】「第2世代Ryzen Threadripper」追加ラインナップの販売開始を発表【AMD】

AMD、「第2世代Ryzen Threadripper」追加ラインナップの販売開始を発表

 

─ Alienwareを含む世界中のシステム・インテグレーターが搭載製品を提供─

 

AMD(米国本社:米カルフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO:リサ・スー)は本日、「第2世代AMD Ryzen Threadripper」プロセッサー・ファミリーから、24コア48スレッドの「2970WX」と、12コア24スレッドの「2920X」の販売開始を発表しました。「Ryzen Threadripper WXシリーズ」はクラスをリードするコア数を備え、厳しい負荷に対応可能な演算能力を求めるプロシューマー向けに設計されています。また「Ryzen Threadripper Xシリーズ」は、前世代と比較してベースとブースト時のクロックを高速化し、パワーユーザー、ゲーマー、ストリーマー向けに美しくスムーズなゲーム・エクスペリエンスを提供します。

 

 

ゲームとクリエイティブ向けエンジン

24コア48スレッドの「Ryzen Threadripper 2970WX」プロセッサーと12コア24スレッドの「Ryzen Threadripper 2920X」プロセッサーは、「Core i9-7960X」、「Core i7-7820X」と比較して、それぞれ最大39%(注1) 、55%(注2)のマルチスレッド性能を達成しています。また、「Ryzen Threadripper 2920X」は4Kゲーミングと、4K30で40,000Kbpsの動画エンコーディング(注3)を同時に実現し、スムーズなゲーム・ストリーミングを提供します。

 

さらに、「2970WX」と「2920X」は、「Core i9-7960X」、「Core i7-7820X」と比較して、レイトレーシングを最大32%向上(注4)、クリエイター向け暗号化を60%高速化(注5)しています。

 

新機能「Dynamic Local Mode

今回、新たな主要機能として「Dynamic Local Mode(DLM)」ソフトウェアが発表となりました。「Ryzen Threadripper WX」プロセッサー向けに設計されたこの機能は、最も負荷の大きいスレッドにコアとローカルメモリーを優先的に割り当てることにより、アプリケーションのパフォーマンスを最適化します。DLMは、「Ryzen Threadripper 2990WX」または「2970WX」システムに「AMD Ryzen™ Master」をダウンロードすることで自動的に設定可能です*。DLMはユーザーの作業を必要とせずに以下を実現します。

  • アクティブなスレッドのCPU時間を測定
  • アクティブなスレッドを負荷の状況に応じてランク付け
  • 最も負荷の大きなスレッドを自動的にローカルメモリーにアクセス可能なダイに移動
  • 高負荷のマルチスレッド・タスクに影響を与えずに、スレッド数が少なく、レイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションを加速

 

「Ryzen Threadripper WXシリーズ」で DLMを有効にした場合、SPECwpc™ベンチマークや、「PUBG™」、「Far Cry® 5」、「Alien: Isolation™」などのゲームタイトルを含む、特定のアプリケーションにおいてCPUパフォーマンスを15%向上することができます(注6)。この機能をさらに多くのユーザーに提供するため、AMDは今後、チップセット・ドライバーをアップデートする際にDLMをデフォルトで含める予定です。

 

全ての「第2世代 Ryzen Threadripper」CPUは、新しく発表となったマザーボード、あるいはASRock、ASUS、Gigabyte、MSIをはじめとした主要なマザーボード・メーカーから提供されている既存のX399プラットフォームでBIOSをアップデートすることにより、利用可能となります。

 

「第2世代AMD Ryzen™ Threadripperデスクトップ・プロセッサー」製品ラインナップ

製品モデル コア/スレッド ブースト/ベース(GHZ) キャッシュ(MB) TDP (WATTS)

PCIe® Gen 3.0 レーン(processor / platform)

販売価格(税抜き) 国内発売予定日
AMD Ryzen™ Threadripper™ 2990WX 32/64 4.2/3.0 80 250W 64/72 214,800円 2018年8月13日
AMD Ryzen™ Threadripper™ 2970WX 24/48 4.2/3.0 76 250W 64/72 159,800円 2018年10月30日
AMD Ryzen™ Threadripper™ 2950X 16/32 4.4/3.5 40 180W 64/72 107,800円 2018年9月1日
AMD Ryzen™ Threadripper™ 2920X 12/24 4.3/3.5 38 180W 64/72 79,800円 2018年10月30日

 

24コア48スレッドの「Ryzen Threadripper 2970WX」プロセッサーと12コア24スレッドの「Ryzen Threadripper 2920X」プロセッサーは、本日から店頭で販売開始となります。また、幅広いグローバル・パートナーより、搭載システムが提供開始となります。グローバル・パートナー、販売店については下記の一覧にてご覧いただけます:https://www.amd.com/en/where-to-buy/threadripper-systems

 

「Alienware Area-51 Threadripper Edition」システムはこの度、「第2世代Ryzen Threadripper Edition」プロセッサーの提供を開始しました。この象徴的なデザインを持つ「Alienware Area-51」には、AMDの強力な16コア「Ryzen Threadripper 2950X」と12コア「Ryzen Threadripper 2920X」が搭載されています。さらに、Alienwareは「Area 51 R7」ポートフォリオを拡大し、8コアの「Ryzen Threadripper 1900X」搭載する予定です。

 

*AMD Ryzen features and benefits depend on system configuration and may require enabled hardware, software or service activation. Performance varies depending on system configuration. Check with your motherboard and system manufacturer.

 

参考情報

  • 「第2世代AMD Ryzen™ Threadripper™」プロセッサーに関する詳細
  • Dynamic Local Mode」に関するブログ(英語)
  • 本製品の詳細に関する事前レコーディング(英語)
  • 本プレスリリースは、2018年10月29日(現地時間)に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。リリース全文については原文(英語)をご参照ください。

 

AMDについて

AMDは、ゲームや没入型プラットフォーム、データセンターに欠かせない要素である、ハイパフォーマンス・コンピューティング、グラフィックスと視覚化技術において45年にわたり革新をもたらしてきました。世界中の何億人もの消費者、フォーチュン500企業、最先端の科学研究施設が、日常の生活、仕事、遊びを向上させるために、AMDのテクノロジーに頼っています。世界中のAMD社員は可能性の限界を押し上げる優れた製品開発に注力しています。日本AMD株式会社は、AMDの日本法人です。AMDのさらなる詳細については、AMD(NASDAQ: AMD)のウェブサイトブログFacebookまたはツイッターをご覧ください。

この記事の著者

プレスリリースプレスリリースマン

プレスリリース常時受け付けてます。
【pressrelease★mc-n.jp】まで!
※★を@へ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。