streaming kitAVerMedia BU110

【プレスリリース】独自技術で音質を追求したカナル型イヤホンXROUND「AERO」クラウドファンディング3日間で目標の6倍の300万円の支援達成【XROUND】

独自技術で音質を追求したカナル型イヤホンXROUND「AERO」クラウドファンディング3日間で目標の6倍の300万円の支援達成

Embrace Audio Lab Inc.は、独自の技術で音質を追求したカナル型イヤホンXROUND「AERO」をクラウドファンディングサイト「Makuake」に掲載し、わずか3日で目標金額の6倍になる300万円の支援を達成いたしました。

 

 

XROUND「AERO」クラウドファンディング

XROUNDは音響プログラミングのプロたちが情熱を持って立ち上げたスタートアップ音響ブランドです。

それぞれが音響工学、デジタル信号処理プログラム、ファームウェア、システムインテグレーションなどの各分野に精通。

日本では2018年4月5日に世界最小のホームシアター「XPUMP」を販売、同9月27日に空気力学カナル型イヤホン「AERO」がMakuakeに登場しサポーターを募集しています。

XROUNDの革新的な空気力学カナル型イヤホン「AERO」は2018年9月27日、クラウドファンディングのMakuakeに登場。

わずか3日足らずで300万円を集めました。期待の声が続々寄せられ、ますます注目を集めています。

商品URL: https://www.makuake.com/project/aero/

 

 

「AERO」の特長

1. XROUND「AERO」の空気力学技術

(1) AEROの特許・空気流チューニング材 — 目に見える音質を

AEROは独自の特許技術を使った空気流チューニング材を採用。

ダイナミズムを瞬時に最大化するとともに高低音のバランスを最適化。

周波数特性曲線がよりなめらかで、クリアな音を表現。AEROがどんなシーンにも使えるのはこのためです。

 

(2) 特許取得の高音域強化技術 — もう音ズレしない

高音域は空間感の表現ではポイントとなる音域。

AEROは特許取得のSPCCクロム鋼ノズルを採用、この材質は高周波(高音域)の99.9%を反射・伝達し、歪みを最小限に抑えます。

高音域を余すところなく再現し、目の前に音の光景が広がるような臨場感を実現。音楽では楽器ごとの距離感、ゲームでは敵の位置までを実感できます。

 

(3) VORTEX ACOUSTIC DAMPING設計 — 音の方向がより明確に

高音域のエネルギー散逸の速度は、音の細部や立体感に影響します。

AEROは空気力学の原理を活かし、空気の経路を伸ばし、他のイヤホンと比べより多くの高音域のエネルギーを逃しません。

音の細部までキャッチし、よりクリアに伸びのよい高音域を再現します。

くっきりした空間感で音楽ではより広いサウンドフィールドを、映画を観る時は素晴らしい臨場感を体感できます。

 

2. XROUND「AERO」高解析外磁性チタンメッキ

(1) チタンメッキPET振動板

靭性に優れたPETに、アルミニウムに比べ200%もの高硬度を持つチタンを組み合わせ、よりクリアで奥行きのある音が楽しめます。

 

(2) 高性能の外磁構造

従来の内磁型システムと比べ制御力が4倍に。より効果的なコントロールができ、人の声のすみずみまで再現します。

 

(3) ハイレゾ対応

AEROは高解像度のドライバにより優れた音域を表現。一般のイヤホンに比べより空間が広がり、圧倒的な臨場感を再現します。

 

 

3. XROUND「AERO」三次元チューニング

音が「聴きやすい」かどうかは、周波数特性だけが基準ではありません。一番大切なポイントは「残響音=リバーブのタイムスピード」とXROUNDは考えます。

(残響音について:音の響きが消えるまでのタイムスピード、残響の広がり感、オリジナルとリバーブとの兼ね合いなどをチューニングするプロセスです。)

AEROのチューニングは、時間推進のデータににおいて、一般的な平面図ではなく三次元のCSD図面(Cumulative Spectral Decay)で音のリバーブタイム状態を表し、これをベースにAEROの音質を細かく調整。

低音域の遅延は音をよりシャープに粒感を明確に引き出し、中高音域の遅延は不快感を抑え、高音域では適度なリバーブでさらに明確な方向感が生まれます。

 

4. XROUND「AERO」スペシャルイヤーピース

空気力学と音響工学により硬度の異なるイヤーピースをデザイン。ニーズに合わせて使い分け、好みの音をものにできます。

(1) AERO二層構造チップ

二層構造のイヤーチップは外側と内側で厚みが異なり、低音域のパワーがしっかり伝わります。

 

(2) ボーカル強化イヤーチップ

硬度20度のTPE素材を採用、中高音域の細やかさやハッキリした奥行き、広いサウンドフィールドが楽しめます。

 

この記事の著者

プレスリリースプレスリリースマン

プレスリリース常時受け付けてます。
【pressrelease★mc-n.jp】まで!
※★を@へ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。