streaming kitAVerMedia BU110

【プレスリリース】ドイツ発ミリタリーデザインのゲーミングチェアが日本初上陸  極厚クッションや堅牢性に優れた仕様でデスク戦士をサポート【アーキサイト】

ドイツ発ミリタリーデザインのゲーミングチェアが日本初上陸 
極厚クッションや堅牢性に優れた仕様でデスク戦士をサポート

 

株式会社アーキサイト(本社:東京都台東区、代表取締役:林 庫次郎)は、ドイツのゲーミングチェア・ブランドNitro Conceptsの販売代理店として「S300 DIGITAL CAMO」を9月27日に販売開始いたします。

低価格ながら高品質のエントリーモデルとして販売中の「S300 ブラック」に続き、同シリーズに超個性的なカラーとして「DIGITAL CAMO」が登場。本格的なミリタリーデザインでゲーマーの戦闘気分を盛り上げます。

 

 

本格派のミリタリーデザインを使用したゲーミングチェア

 

商品URL: http://www.archisite.co.jp/products/noblechairs/nitro-s300-camo/

 

【Nitro Conceptsとは?】

Nitro Concepts(ナイトロ・コンセプツ)は、ドイツのハイエンド向けチェア「noblechairs」の姉妹ブランドです。noblechairsで培った技術力を基礎に、低価格ながら高品質、スポーティーなデザインでコストパフォーマンスに優れるラインナップを展開します。

 

【S300 DIGITAL CAMOの特長】

1.ゲーム空間と一体化できる都市迷彩

デジタル模様の都市迷彩柄を採用し、ゲームにもよく登場する都市型の戦闘にマッチするデザイン。デスク戦士の戦闘気分を盛り上げ、強い気持ちにさせてくれます。

 

2.ゴワっとした肌触りのキャンバス地

張り地には厚手で丈夫なキャンバス地のファブリック素材を使用。良い意味でゴワ付き感があり、デザインのイメージにもマッチしています。

 

3.長時間の戦闘を支える極厚クッション

チェア全体に詰められた極厚クッションが長時間のデスク作業をサポート。最大11cm厚のクッションが全身を包み込むように守ってくれます。

 

4.圧倒的な重量感でガタつきが少ない

チェア全体を支える骨組みには頑丈なスチール素材を使用。合板(木材)が使用されているような低価格のオフィスチェアと異なり、堅牢性に優れます。

 

【S300 DIGITAL CAMOの機能】

戦士の休息にはリクライニング機能

座面のレバーを引くと、背もたれの角度を90°~135°に調節できます。集中する時は90°に、戦闘で疲れた時はぐっと倒して休憩を。

 

ぼんやりリラックスする時のロッキング機能

座面に備えられたロッキング機構により、前後にチェアをゆらゆらと揺らすことができます。ぼーっとしたり、本を読んだり、物思いにふけるときに最適です。

 

両腕の負担を軽減するアームレスト

アームレストは3方向にアジャスト可能で、自分好みの位置に固定できます。全体重の20%を占める両腕をサポートし、体にかかる負担を軽減します。

 

■仕様

ブランド名  : Nitro Concepts(ナイトロ・コンセプツ)

製品名    : S300 DIGITAL CAMO(S300 デジタルカモ)

製品型番(JAN): NC-S300-UC(4251442501969)

本体サイズ  : 約1,280-1,440 x 670 x 556mm

梱包サイズ  : 約880 x 680 x 380mm

本体重量   : 約24.5kg

梱包重量   : 約27.5kg

使用素材   : 張り地…ファブリック

        外枠フレーム…スチール

        脚部…ナイロン

        クッション材…モールドウレタン(コールドフォーム)

        アームレスト…ポリウレタン

        キャスター…ナイロン/ポリウレタン

保証期間   : ご購入日より1年間(保証書必要)

商品ページ  : http://www.archisite.co.jp/products/noblechairs/nitro-s300-camo/


■企業概要

商号  :株式会社アーキサイト

設立  :2001年

代表者 :代表取締役 林 庫次郎

所在地 :[本社]東京都台東区秋葉原5-9 明治安田生命秋葉原ビル

URL   :[コーポレートサイト] http://www.archisite.co.jp

事業内容:・国内業者への卸売販売

     ・海外との製品売買、輸出入

     ・高信頼度のメーカー製品の正規販売代理店業務


この記事の著者

プレスリリースプレスリリースマン

プレスリリース常時受け付けてます。
【pressrelease★mc-n.jp】まで!
※★を@へ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。