streaming kitAVerMedia BU110

CEDEC2018に行って「e-Sports」について考えた!

この度MCNにて記事を書かせていただくことになりました、新米ライターのゆばです。
私は趣味のPCゲームや関連イベントなどの記事を書いていきます。よろしくお願いします。

 

今回の記事は私がパシフィコ横浜で開催されたCEDEC2018(以下CEDEC)に参加して
セッション「e-portsでなにかをしたい人たちへ」
で聞いたことをメインにレポート記事を書いていこうと思います。

 

ゲームをプレイする人なら最近聞いたことがあるであろう“e-Sports”という単語。

ゲームなのにスポーツ?大会の賞金?実際のところどーなのよ?という疑問について書いていきたいと思います。

 

講演者の松井氏、江尻氏、河本氏はそれぞれ日本の”e-Sports”業界の先駆者であり、未来を担うキーパーソンです。
(なお、当日河本氏はイベントの設営が遅れたため講演で出来ず… 松井氏曰く「日本のe-Sportsの波に飲み込まれた」そう。)

ぜひCEDEC公式サイトからお三方のプロフィールを確認して見てください。

 

講演のはじめに、ゲームに真剣に取り組むとはどのようなものかの具体例として、世界で圧倒的人気を誇り大会も各国で行われている大人気ゲーム”リーグ・オブ・レジェンド”の学生世界大会”LoL International College Cup (LICC)”に出場する日本代表の学生たちにスポットを当てたこちらの動画を会場で視聴しました。

是非一度視聴して見てください。

この動画を見ればなんとなく”e-Sports”という単語の雰囲気が掴めるのではないでしょうか。

 

そして肝心の講演ですが、主にスライドショーと松井氏の解説で進んでいったのでその写真を上げながら説明していきます。

e-Sportsで食っていけるのかという多くの人が思うであろう疑問について。実際松井氏はゲーム関係のイベントも請け負うグルーブシンクという会社の代表だ。説得力が違う…。

 

ゲームについての楽しみ方の図。こうやって見ると一口にゲームと言っても楽しみ方が複数あることが分かる。ここで松井氏が「ここにおられる方はゲームを積むという楽しみ方をしている方もいるでしょう(笑)」と、会場の笑いを誘った。

 

e-Sportsの説明。遊ぶとも違う、競い合うというスタイル。選手だったプレイヤーがゲーム会社に就職したり、キャスターになったり… フィジカルのスポーツと同じような流れも生まれている。

 

草の根の意。この分野はまだまだ成長途中で関わっている人みんなが盛り上げ人になれるというような意味だった。選手がヒーロとなって視聴者が盛り上げていく… 筆者の脳裏には某ウメハラ選手やときど選手が思い浮かんだ。地上波放送で特集が組まれたり様々な媒体が盛り上げている雰囲気がある。

 

オンオフ問わず盛り上がれる場所も重要だと語る。最近は有志のオンライン対戦会やC4LANのようなLANパーティーも盛り上がってきた。

(注:LANパーティーとは一箇所の会場に沢山の人が実際に集まりみんなでゲームをやるというもの。マルチプレイゲームでもいいし、完全ソロプレイゲームをやる人もいる。プレイするゲームは自由だ。)

 

最も身近ではないだろうか。Youtubeやtwitch、openrecなど実況プレイや生配信、大会中継… 一番関わっている人が多い部分だ。ちなみに筆者はtwitchでのDetonatorストリーマー部門のyamatonさん、stylishnoobさん、shakaさん、spgeaさんの配信を見るのが日課。面白いからみんな見てくれよな!(ダイマ)

 

有名プレイヤーは人気も桁違い。大会優勝者や入賞者はそのコミュニティでの影響力は凄まじい。

 

おそらく多くの企業が目をつけている部分。日本の大会は賞金に制限がかかるが海外では奥単位の賞金が出る大会もある。

 

まとめ。

伝えたいことはこれに尽きる。

 

意外と忘れがちな部分。プレイヤーだけでなく様々な人が関わってゲームというものは作られている。

 

e-Sportsと他のスポーツが異なる点。アップデートなどによってゲームの仕様が変わったりする点や権利を持つ者や流通させる人がいることなど、異なる点がいくつかある。

 

今回の講演での一番のパワーワード「e-Sportsしなさい!」誕生の瞬間。

様々な企業がこぞってこの業界に殴り込みを掛けようとしている所を端的にまとめた素晴らしいスライドだ。

 

ここで勘違いしてはいけない大事なことを。目標を決めてから参入すべき、とりあえずウチも、というノリで黒字になる甘い世界ではない。裏の背景が透けて見えるとプレイヤーもついてきてはくれないということ。

 

そう思っている開発者さん、多いのでは?

 

そんな甘くなかった。開発者視点でもやれることはいっぱいありますよ!と松井氏は笑顔で伝えている。

 

形態の違いなど。最近のスマッシュヒット作FORTNITEもF2P形式で、強さに直結しない見た目だけ変更するいわゆるスキン販売形式で莫大な利益を上げている。要はやり方というわけだ。

 

そのIPに適する販売形式でユーザーと向き合うことが重要。

 

販売業者向けの視点。プレイだけしていると意外と気づかない点もある。

 

リーグ・オブ・レジェンドの大会の様子。日本で同程度の規模の大会ができる日も遠く無いのかもしれない。

 

こちらはコールオブデューティーWWⅡのプロ対抗戦。ソニーが協賛しているだけあって凄まじい盛り上がりを見せた。

 

ここからは大会やイベント運営の話。有志で行うイベントも増えてきたので考えるべきだろう。

 

お金が絡むときは必ず上に相談しよう!という話。

 

ゲームの属性によって、できることは異なる。

 


ここまでのまとめ。みんなで協力してe-Sportsを盛り上げよう。

 

各方面の声。自分本位にならずに協力しよう。

 

おそらくこの講演において伝えたい重要なこと。まだ発展途上なのだからみんなでEsportsという世界を知ってもらって盛り上げていこう。

 

最近のオフラインイベント事情。もともとファイティングチューズデーは有志の企画だったが、あまりの盛り上がりぶりにアークシステムワークスが公式にスポンサードしたという、夢みたいな経緯があった。

C4LANを遥かに凌ぐ超大型LANパーティー。一度でいいから行ってみたい。

 

開発者に向けてのメッセージ。足並みを揃えるこができれば、より良い配信形態ができるだろう。

具体例として地デジの野球中継のオーダーや点数表示などのように、ゲーム内情報が配信側で分かりやすくなれば、ゲームの細かいルールが分からない視聴者でもとっつきやすくなるだろうということを語っていた。

 

大会やイベントを有志で行う際にガイドラインを制定しておいてほしいということ。どこまでが公認なのか分かるので動きやすくなる。

具体例。ライアットゲームズはリーグ・オブ・レジェンドの運営会社だ。

ガイドラインを制定している国内のメーカーは少ない。増えればユーザーもイベントを企画し易くなりコミュニティも活気づくだろう。

 


最後にプレイヤーに向けて。ともに盛り上げ、ともに歩む。そんな風に歩んでいけたら素晴らしいと思います。

 

 

こんな感じで講演は終了。残りの時間は江尻氏を交えての開発者向けの質疑応答といった具合だった。実はこのあと近くの銭湯にてのミーティング、風呂CEDECがあったのだが筆者は業界人に切り込む勇気はなく帰路についた。勢いで参加したイベントだったためここまで本格的だと考えていなかった自分が恥ずかしい…。またこのようなイベントがあったら積極的に参加して行こうと思った。日本のesports業界の未来の動向を感じ取れる素晴らしいイベントだった。

この記事の著者

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。