streaming kitAVerMedia BU110

【プレスリリース】GIGABYTE マザーボード製品 UEFI BIOS 更新方法について (動画解説)【GIGABYTE】

GIGABYTE マザーボード製品
UEFI BIOS 更新方法について (動画解説)

 

GIGA-BYTE Technology Co., Ltd. は、「新世代 Intel 9000 シリーズ CPU」並びに「第 2 世代 AMD RyzenThreadripper」を使用する場合の、マザーボード製品 UEFI BIOS 更新方法に関して発表いたしました。

 

UEFI BIOS の更新方法について

 

マザーボード上の「Q-Flash」および「Q-Flash Plus」機能を使用した方法で、BIOS 更新作業を行うことが可能です。
更新作業の詳細に関しては、下記の動画をご参照ください。

 

 

※場合よっては稀に、UEFI BIOS 更新完了後のシャットダウンした状態で、一度電源コードを抜き挿しを行う必要があります。
万が一、PC が正常に起動できない場合はお手数ですが、製品保証シールに記載されてる「GIGABYTE 正規代理店サポート窓口」までご相談ください。

 

Intel 9000 シリーズ CPU 対応マザーボード一覧→ https://www.gigabyte.com/jp/Press/News/1631

 

第2世代 AMD Ryzen Threadripper 対応 BIOS バージョン一覧↓

 

製品名 新対応 BIOS Ver. 初期工場出荷 Ver.
X399 DESIGNARE EX F10 F1
X399 AORUS Gaming 7 F10 F2
X399 AORUS XTREME 初期工場出荷時から対応済

※注:弊社の過去マザーボード型番はすべて「GA-」プリフィックスが付いておりましたが、X299 チップセット搭載製品以降は廃止されました。同様に、型番中の「ダッシュ(-)」記号も、半角スペースに変更されております。

この記事の著者

えきべん

こんにちは、えきべんです。
ゲームとラーメンとTwitterが大好きな21歳学生です。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。