streaming kitAVerMedia BU110

【DIY】社長に干されそうになったので素人なりに頑張ってガンラック作った。#1【ガンラック】

 

こんにちは、ひじきぼーいです!!

 

 

はてさて….。明らかに怪しい格好で登場したイキリぼーい

まず、何故僕がこんな格好をしていると申しますと、以前しゃちょーとこんな事がありまして・・・。

 

 

しゃちょー
なんかココの会議室このままだと寂しくない?折角なら何か取り入れたいナー。
ひじき
そうですね、何か「カッコいいもの」を飾ったりしても良いかもしれませんね。
しゃちょー
そうだなあ。ひじきぼーい、何か良い案は無いかね?
ひじき
「ガンラック」ってのはどうでしょう!(やべぇ調子乗った。コレは勤務地がお台場の海の中になってしまう)
しゃちょー
採用!後は頼んだ!
ひじき
いいんか~いwwww

 

※この会議室は来客・社内会議などで使うのが主の用途で来客時に「アッと驚かせたい」というのが本望だったり。

 

そう、弊社社長は屈指のミリオタ。(特に昔の武器は大好物)

僕との意見が合致し、なんとか勤務地が海の中にならなく済みました。良かった。

そもそも「ガンラック」とは使わない銃や武器などを壁にかけて飾ったり収納しておく棚のような物の事です。

※流石に実銃を飾るのは色んな意味で終わってしまうのでエアガンやモデルガンを飾ります。(当たり前)

 

という事で始まったこの企画。

 

題して

 

※今適当に考えました。

 

今回も例によってCS:GO記事への出席率100%、えきべんにパシりになってもらおうと思います。

ちなみに「僕・私はえきべんのファンです!」って方は上記の記事も見てくださいね。

 

 

さて、本題に戻ります。

この殺風景な会議室にさっさと「ガンラック」を作っていっちゃいましょう!

マジなド素人(でもDIYは好き)が考えたモノなので設計図すらありません。その場の雰囲気とかで適当に資材も集めました。

 

ということで・・・・

まずは資料を探すところから。

 

資料探し

ふむふむ・・・色んな飾り方がありますね・・・。

 

資料を見ていて「やっぱり飾るなら壁に飾りたい」。しかもちょっと銃身を斜めにしたりして。

それと「適当に想像だけでも作れんじゃね?」そう思いました。

 

会議室の壁を測定して諸々の資材を買いにみんな大好きビバホーム(豊洲店)へ。

 

買い出し

 

まずは買うモノをリストアップ。多分これで行けます。多分。

 

 

 

(頭の中で作ったリストを見ながら)いざ買い出しへ!!

 

順に見ていきましょう。

□EntryNo.1 ~有孔ボード~

縦:183cm 横:92cm 幅:5mm

お値段:2,480円/枚

こちらを2枚お買い上げ。

合計:4,960円

 

 

 

□EntryNo.2 ~有孔ボードのフック~

いっぱい買いました。

 

正確に計算すると8袋(1袋2個入り)。在庫がこれしかありませんでした。もうちょっと欲しかった。

お値段:288円/袋

これを8袋お買い上げ

合計:2,304円

 

次!!

 

 

 

□EntryNo.3 ~コンクリ用のピタ~

まんまと欲しいものがありました。

横幅の長さは書いてある通り60mmです。これを木材と有孔ボードごとぶち抜いて壁に埋め込み固定します。

今後の為に使い回しも効きますし量が多いのを買いました。

お値段:2,480円

 

 

 

□EntryNo.4 ~木材~

縦:91cm 横:6cm 幅:11mm

お値段:408円

こちらを5本購入。

合計2,040円

 

 

 

□EntryNo.5 ~電動ドライバー~

ひじきぼーいの家にあったので買わなくて済みました。

 

レンタル料:0円(本当は徴収しても良い)

 

 

 

□EntryNo.6 ~ノコギリ~

 

買い忘れた。

お値段:0円

 

※オフィスの管理事務所に行ったら管理人っぽいおじさんが貸してくれました。ヤッタネ!

 

ということで合計11,784円(税込:12,726円)で資材を揃えれました!

 

 

オフィスに運んで・・・・

※ビバホームは親切なので無料で軽トラを貸し出してくれてます。(1時間)

 

BUILD

では、さっそく作っていきます。

設計図(適当)はこうだ!

 

 

①まず、天井から30cmの所に邪魔なパイプがあるので、天井から30cm下に行った所を頂点と設定します。

②ガンラック(有効ボード)が壁の下すぎても見栄えが悪いので、頂点から70cm(適当)くらいの長さに有孔ボードを横に2枚張ることに。

③横幅は296.5cm

そしてこの296.5cm(ここでは.5cmは切り捨て、296cmにしました)を5本の木材で均等に壁に貼り付けるために÷5します。

296cm/5本=59.2cm

ということは、59.2cm間隔で木の板を貼り付けていけば良いという事。

 

 

つまりこういう事です。

 

そうと決まれば早速壁に穴を開けて木の板を5枚、壁に張り付けていきます。

 

 

ドドドドドド

 

 

 

 

 

 

付け終わりました。

だいたい59.2cmです。ぱっと見均等には見えませんが・・・。このままでは沈められる・・・・・・。

まぁでもきっと大丈夫でしょう!

 

 

では次。

 

次はこの形を目指して有孔ボード①②を木の板と固定していきます。

 

 

 

 圧倒的威圧感

 

 

有孔ボード①が若干長かったので数十cmノコギリで(管理人のおじさんに圧倒的感謝しながら)切断します!

※本当に電ノコが欲しいと思った瞬間でした。手動は割とキツい。

 

カットした有孔ボード①を右側に固定させます。

 

 

 

 

~5年後~

 

 

 

 

 

片面が完成!うむ。悪くないはず。

あえて真ん中の木材にネジ締めしたのは全体の強度を増す為です。これによりぐらつき・・・・がかなり減りました。(あくまでド素人の意見です)

 

この調子で、もう片面も同じ作業をします。

 

ひじきぼーいは腕がゴボウ並みに細く、疲れてしまったので腕が肉巻き棒えきべんに選手交代。

※切るスピードは僕の方が早かったので、えきべんは使い物にならないという事が分かりました。

 

 

できた~~~!

 

ココまで来たらいよいよ終わりです。

最後にフックを適度に散らばせて武器を飾るだけ!

 

 

 

 

ワーーーイ!!!

 

これらの武器は弊社のエンジニアから寄贈してもらいました。

 

1つ1つお見せしましょう…!

※武器の名称は間違っている可能性があります(*_*)

トンプソン・サブマシンガン

Remington M700

ピエトロ・ベレッタM92FS

コルトM1911A1

DETONICS.45

GLOCK 17

M19

M15

 

※フックの在庫が当時8個しか無く、貰った武器は多いのに少数の武器しか飾れず・・・ちょっと残念。

 

ですが…増設した武器たちは第2弾でご紹介します!

 

PS:えきべんくんが楽しそうにお掃除してました。

 

如何でしょうか。ガチ素人が真面目にガンラックを作ってみました。しかも低予算で。

これで社長からの好感度は急上昇、僕の出世も近い事でしょう。

 

次回の#2では更に増設したガンラック制作風景と各武器の増設、武器のメンテナンスについて紹介しようと思います。お楽しみに~!

 

#2へ続く…

この記事の著者

ひじきぼーいMCN編集部/グラフィックデザイナー

ひじきぼーいです。いつも当ポンコツメディアをご愛読頂きありがとうございます :D
MCNでは編集全般担当してます。
その他、グラフィックデザイン等。映像、画像、ロゴなど作る何でも屋です。
チョットした自己紹介..
----------
【出生地】埼玉県行田市

【ひじきぼーいという名前の由来】ゲーム仲間がある時ゲーム名である『HIJACKE.BOY-』の『(HIJACKE)ハイジャック』を読み間違え≪ひじき≫と呼ばれるようになり、そのまま「ひじきぼーい」と呼ばれるようになりました。一部で『ぴーまん』とも呼ばれてます(一番謎)

【趣味】旅行・ドライブ・ゲーム・音楽、映画鑑賞・スノーボード
----------

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。