streaming kitAVerMedia BU110

【プレスリリース】新製品発売のお知らせ ”4K HDR 60p対応したゲームキャプチャー” 「GC573」及び”4K 30p対応したゲームキャプチャー” 「GC553」【AVerMedia】

新製品発売のお知らせ ”4K HDR 60p対応したゲームキャプチャー” 「GC573」及び”4K 30p対応したゲームキャプチャー” 「GC553」

 

アバーメディア・テクノロジーズ株式会社(東京都千代田区)は、4K 録画、パススルーに対応したゲーマー向け録画・ライブ配信用キャプチャーデバイス「Live Gamer 4K(型番:GC573)」、「Live Gamer ULTRA(型番:GC553)」の 2 機種を 7 月 20 日より順次、国内の家電量販店や PC 販売店、オンラインショッピングサイトなどで販売を開始いたします。

4K対応のモニタやゲームが増え続け、高解像度でのゲームプレイ環境が充実してきている近年、4Kパススルーを経由した綺麗な映像でゲームをプレイしたい、高リフレッシュレートに対応した高性能モニタを利用したい、あるいは4K映像を録画・配信したいというゲーマーの希望を満足させるため、アバーメディアは様々な「4K対応」のゲームキャプチャーを開発して参りました。この度、お客様の利用方法に応じた2種類の製品を発売いたします。

「GC573」はアバーメディア・ゲームキャプチャ最上位モデルとして、4K HDR 60pの録画に対応した高機能モデルです。PCIe接続のカードタイプで、4K HDR 60p録画、1080p 240Hzの高リフレッシュレートに対応し、最新のゲーミング環境でもプレイ画面の録画を実現します。
「GC553」はUSB3.1接続の外付けタイプで、ノートPCなど様々な機種でご利用になれます。4K 60p HDRのパススルーに対応し、最大で4K 30pの録画が可能です。1080p 240Hzの高リフレッシュレートパススルーに対応、高機能ゲーミングモニタをご利用の方に最適です。

また、今回発売する2機種にはすべて、アバーメディア製ライブ配信用ソフトウェア『RECentral』はもちろん、大人気の動画編集ソフトウェア、CyberLink社製『PowerDirector 15 for AVerMedia』のライセンスキーコードが付属いたします。録画した動画の余分な部分のカットや、演出効果の追加などで、綺麗な映像に仕上げ、あなただけのオリジナルコンテンツ作成がさらに便利になりました。

 

【GC573 製品本体 画像】

【GC553 製品本体 画像】

 

製品特徴

 

LIVE GAMER 4K GC573

 

・4Kp60 HDR録画対応

高精細な4k HDR画面でゲームをプレイしながら録画も可能

 

・高フレームレート 高リフレッシュレート対応

144Hz@1440p(録画時 最大120FPS)

240Hz@FHD(録画時 最大240FPS)をサポート

ハイエンドグラフィックカードやゲーミングモニタとの利用も可能

 

・RGB Lighting

ゲーミングPCに必須のRGB LEDを搭載。

 

LIVE GAMER ULTRA GC553

 

・4Kp60 HDRパススルー対応

高専祭な4k HDR 画面でゲームをプレイできる

 

・高機能映像処理回路搭載

インテリジェント映像処理回路を搭載することで、4Kp60 HDR をパススルーしながら4Kp30録画を可能にしました。

 

・高リフレッシュレート対応

144Hz@1440p(録画時 最大60fps )、240Hz@FHD(録画時 最大 )をサポート。

ハイエンドゲーミングモニターとの利用も可能。

 

GC573/GC553共通

 

・録画・ライブ配信画面のカスタマイズも可能な専用ソフトウェア『RECentral』付属

 

 

RECentral(最新バージョン:RECentral Ver 4.x)は録画・ライブ配信・動画共有をするためのソフトウェアです。「シングルモード」「マルチモード」両モードを搭載し、簡単設定で、録画、配信画面のカスタマイズができます。これを使えば、初心者でもすぐに Twitch、ニコニコ生放送、YouTube Live などでライブ配信が可能です。

 

・ビデオ編集ソフトウェア『PowerDirector15 for AVerMedia』付属

 

 

 

「GC573」「GC553」には、ビデオ編集ソフト、CyberLink 社製『PowerDirector 15 for AVerMedia』のライセンスキーコードが付属します。操作が簡単で、はじめて動画の編集を行う人でも使いこなす事ができます。アバーメディア・ゲームキャプチャで録画した映像を PowerDirector で編集したり、字幕やタイトルを挿入したり、ユニークなエフェクトを追加したりして、そのまま YouTube などの動画シェアサイトにアップロードすることができます。※『PowerDirector15 for AVerMedia』は完全版ではなく一部の機能が制限されています。

 

製品情報

 

製品名 Live Gamer 4K Live Gamer ULTRA
型番 GC573 GC553
JAN コード 4710710679026 4710710679019
発売日 2018 年 7 月 20 日
定価 OPEN
店頭想定価格
(税別)
36,800 円前後 30,800 円前後
製品情報 URL https://www.avermedia.co.jp/product_swap/gc573.html https://www.avermedia.co.jp/product_swap/gc553.html
製造元 AVerMedia TECHNOLOGIES

 

製品仕様

 

製品名 Live Gamer 4K Live Gamer ULTRA
型番 GC573 GC553
接続インターフェイス PCI Express x4 Gen2 USB 3.1 Gen1 Type-C
(UVC/UAC 対応)
入力端子 HDMI 2.0
出力端子(パススルー) HDMI 2.0
LPCM 5.1ch/7.1ch
パススルー
対応
最大入出力解像度 2160p60 (4K) HDR
1440p144/1080p240
2160p60 (4K) HDR
1440p144/1080p240
最大録画解像度 2160p60 (4K) HDR※1
1440p120/1080p240
2160p30 (4K)※2
1440p60/ 1080p120
対応解像度 2160p, 1440p, 1080p, 1080i, 720p,576p, 480p
エンコード方式 ソフトウェアエンコード
録画形式 MPEG4 (H.264+AAC) または (H.265+AAC)※1
対応ソフトウェア ・AVerMedia RECentral(PC 版)
・サードパーティ製ソフトウェア(PC) ・サードパーティ製ソフトウェア (PC / MAC)※3
システム要件※4 4K 録画時
Intel® Core™ i5-6xxx 以上
NVIDIA® GeForce® GTX 1060 以上
8GB RAM (Dual-channel) 以上
4K 録画時
Intel® Core™ i5-6xxx 以上
NVIDIA® GeForce® GTX 1060 以上
8GB RAM (Dual-channel) 以上
付属品 ・HDMI ケーブル (1.5m)
・クイックガイド
・CyberLink PowerDirector 15 for AVerMedia ライセンスキーコードカード
・HDMI ケーブル (1.5m)・クイックガイド
・CyberLink PowerDirector 15 for AVerMediaライセンスキーコードカード
・USB 3.1 Type-C to Type-A ケーブル (1m)
本体寸法(突起部含まず) 125 x 151 x 21.5 mm 112.6 x 66.2 x 26 mm
本体重量 約 208g 約 116g

※1 HDR 録画、H.265 圧縮は RECentral 利用時のみ対応 ※2 HDR 非対応 ※3 サードパーティ製ソフトウェアをご利用の際は、一部機能が使用できない場合が
ございます。※4 詳細なシステム要件は、弊社 Web をご確認ください。

 

AVerMedia TECHNOLOGIES社概要

 

AVerMedia TECHNOLOGIES社は、台湾に本社を構え、ビデオキャプチャー、ストリーミング、オーディオ製品を中心に、現在、世界75ヶ国でグローバルに事業展開しております。技術、品質を重視する技術集団のもと自社にて設計、製造、品質管理を徹底し、自社“AVerMedia“ ブランド商品の市場導入のほかに、OEM/ODMパートナー様にも製品を供給し、高い評価をいただいております。

URL:http://www.avermedia.co.jp/

※本リリースに記載した製品・サービス名は各社の商標・登録商標です。
※本リリースに記載した仕様は、発表日時点での情報によるものであり、製品改善のため変更となる場合がございます。

この記事の著者

プレスリリースプレスリリースマン

プレスリリース常時受け付けてます。
【pressrelease★mc-n.jp】まで!
※★を@へ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。