streaming kitAVerMedia BU110

ポップコーンとかショートブレッドとかグミを食べたら美味しいし猫にモテるし大満足だった話

皆さん初めまして。小板橋と申します。
今回はMCN初の食レポ記事ということで若干緊張していますがお付き合い願います。

 

ある日、MCNの中の人から一通のDMが届いた・・・

 

MultiCoreNews
『暇そうだしセブンシーズパスタさんから届いたお菓子の食レポしてよ。』(原文ママ)

 

ざわ・・・・

 

来た・・・ッ!食レポ・・・ッ!

キーボード・・・イベントレポ・・・e-Sports・・・プレスリリース・・・そういった面々に並んでの『食レポ』・・・ッ!

実はこのメディア・・・今はメニューバーから消えているが

サイト開設当初に【料理モノ】というおおよそこのサイトの記事群に入りそうもないカテゴリがメニューに存在していたのだ・・・ッ!

 

MCNさんの(プレスリリースの)コンセプトである『おまんじゅうから宇宙センターまで』・・・その『おまんじゅう』の部分を担う重責・・・。すいませんこのテンションで書くの疲れるので自分のいつもの書き方でやります。

今回食レポするのはこちらのお菓子たちです。

セブンシーズパスタさんが輸入販売している「CONEY ISLAND CLASSICS POPCOAN」3種、「DEAN’sショートブレッド」、そして「アルバネーゼのグミ」です。ポップコーンのパッケージが非常にそそります。

 

CONEY ISLAND CLASSICS POPCOAN

まず、CONEY ISLAND CLASSICS POPCOANから実食していきます。
手元にある資料(スマホで調べたgoogle検索結果)によると、ケトルコーンとはアメリカの祭事でよく使われていた製法(大きな釜にポップコーンの種を入れてド派手に味付けするスタイル)だそうです。

これで知識欲が満たされた僕もお祭り気分で120%味わえます。では実食していきましょう。

まずはケトルコーン基本のSWEET&SEA SALTYから。

パーティ開けをしようと裏面を見ると(実食していきましょうと言っておきながら軽く引っ張るスタイル)

引っ張り用の耳が無かったので、

中心線の端を少し開けてから指を差し込んでベリベリするとイイ感じに開きます。

 

では今度こそ実食

(実食時の写真も撮ったのですが、ただオッサンの口元が写っているだけなので5Gbpsぐらいの爆速で削除しました)

甘い!・・・ん?しょっぱい!・・・いややっぱりあmいやしょっ甘い!?
と、頭が混乱しそうになりましたが、咀嚼を続けると、

甘いカラメルのコーティングに包まれているので最初は甘いが、食べていくうちにベースの海塩の味が引き立って絶妙な調和を保っておる。ふむぅ・・・』

と、まるでどこかの美食家兼芸術家兼高級料亭の主人のような感想が脳内に出てくるぐらいの美味しさでした。今回はやっぱりこのテンションで行くので是非皆様このまま引かずにお付き合い下さい。
(何とか『カラメルを絡める』とか言わずに済みました)

続いて、JALAPENO POPPERSを食べましょう。

パッケージが赤いのと、名前に『ハラペーニョポッパー』とあるので若干不安です(激辛苦手的な意味で)。

あれ?中身は赤くも緑でもない・・・もしかして辛くないのか?まぁ食べたらわかるでしょう。

 

実食。

ちょっとスパイシーな芳香と風味だけど辛くないな・・・これ普通に旨いな・・・

ん?

あっ!!来た来た!辛い!でも旨い!けど続けて食べるとなおさら辛い!でも止まらん!辛い!旨い!』

落ち着いてから脳内の先生に感想を聞いてみると、『最初はスパイシーな香りが前面に出てきて食欲をそそる。その後を辛味が全力で追いかけてくる。気付いたころには2口目に突入しており手遅れ。しかし、辛い物がそこまで得意でない私でも1袋を4分で食べてしまう実力侮りがたし。炭酸系に抜群に合うこと請け合い。天晴!』といったところ。

危うく食レポと医者の制止を放棄してビール買いに行くところでしたがコーラで充分合いました。激辛ではなくピリ辛レベルかな?これリピします。

続いてはポップコーン3種の中でも異色の存在、CINNAMON BUN。

ポップコーンにシナモン?最初パッケージを見間違えたかと思いましたがやっぱりシナモンですね。

もう袋を開けた時点でシナモンの香りが広がって、何故かシナモンの香りが苦手なはずの猫が寄って来ました。

お伝えし忘れておりましたが、今回の食レポは公園よりお送りしております。

この後食べようと向かってきたので追い払っておきました(猫にシナモンは食べさせちゃいけません。)。

 

実食。ここで私は一つのミス、それも大きなミスを犯しました。

シナモン味の食べ物とコーラは合わない!!!

 

おかしい、ポップコーンとコーラは合うし、ネット情報によるとコーラには少量のシナモンが含まれているはずなのに何故合わないのだ!(と大袈裟に言っていますが完全にミルクティーの事を忘れてコーラ飲んじゃっただけです。)

気を取り直し、午後のなんちゃら的ミルクティーを手元に用意して実食。

 


(ラベルを剥がしたら飲み物が貧相に見えるメソッドが発動してしまいました・・・)

これめっちゃ合うやんけ!!

脳内の先生が『シナモンとポップコーン、一見ミスマッチに思えるがティータイムのお茶請けとしてはこれが一番手軽ではないだろうか。思いついた開発者に敬意を表したい。』と申しておりました。
危うく『シナモンとミルクティーの運命的マリアージュ』とか言いそうになりましたが、その組み合わせ自体はとっくに出会っているので僕が自慢することでもありませんでした。

 

DEAN’s SHORTBREAD

ポップコーンに続いてDEAN’s SHORTBREADを食べていきましょう。

ショートブレッドなので、こぼす事を想定しての屋外というのが公園ロケの理由です。(と見せかけて部屋を模様替え中で撮影スペースどころか食べるスペースすらないので公園にしました)


丸くてかわいい。では実食。

 

早速口の中に広がる渇き。そこにミルクティーという水を流し込むと、小麦の香りが全面に広がる口内パラダイス。まさに花畑(フラワーだけにってやかましいわ!)。小麦粉好きにはたまらない素朴な味。そしてボロボロこぼれる。
『見ろ!服が汚れてしまったではないか!』と脳内の先生が仰っておられましたが口元は緩んでおり味には大満足の模様。

というか小皿を用意してなかったのが悪い。ティーパーティ初心者がやりがちなミスです(一人ティーパーティだけど)。皆様はお気を付け下さい。

そして今回用意しておりませんでしたがコーヒーにも合うと思います。合わせるなら酸味強めのやつか思いっ切り甘いミルクコーヒーかな。

 

Albanese world’s best

最後にアルバネーゼのグミ(2パッケージありますがグミの形以外は同じのようです)食べていきます。

グミなんてもんは所詮ジャンクなんだから気にせずガッと食っちまえb・・・ん?

かわいい・・・

 

超かわいい・・・単焦点マクロレンズが付いたミラーレス一眼も欲しい・・・(お伝えし忘れておりましたが、今回の写真は全編スマートフォン撮影です。)

すみません。あまりのグミベアの可愛さに取り乱しました。

食感はソフト系ではないが固すぎず。『あ、これぞグミだ』となるグミ感で好感。味は果物感デフォルメ強め(押韻ですが果物感は本当に強めで美味しいです)。どれも美味しかったのですが、個人的に悔しかったのが、

『緑色のグミの味がメロンなのかグリーンアップルなのか最後までわからなかった』

脳内の先生も呆れておられました。多分ですがグリーンアップルだと思います。個人的に一番かわいくて美味しかったのはオレンジです。

今回はポップコーン、ショートブレッド、グミと食べましたがどれも満足。一日で食べきってしまったのがもったいなく感じました。特にハラペーニョポッパーは『やみつき』になると思います。

 

輸入食品専門店等で見かけたらお買い求めになってはいかがでしょうか。

以上、小板橋のMCN寄稿第一弾でした。

この記事の著者

小板橋フリーライター

アナログとデジタルの間を揺蕩う回遊魚。趣味は文房具官能と実用文房具収集。microUSB排斥運動派です。USB-Cはいいぞ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。