streaming kitAVerMedia BU110

自作PCでやっちゃダメな事したらどうなるの?→実際にやってみた。

皆さんこんにちは、やぎこと申します。

普段は適当な大学で適当に遊んでますが、たまに面白そうだなって思った会社に目をつけて取り入っては遊びに行って文章書いてます。
以後お見知りおきを。

 

さて今回なんですが、Twitter上で「なんか面白い仕事ねーかなー」とぐだぐだしてたところ、運良く引っかかってくれたお声かけ頂けたのがあのMCNさんだったということで、どうせならハチャメチャなことやってやろうと思い付いた企画をやらせていただこうかと。

 

題して、

 

「パソコンぶっ壊してやる大作戦」

 

本日の被験者たち

 

 

わーわー、ぱちぱちぱち。

……とまあ、ここまでの言いようだとマジで「こいつ何言ってんだ」状態になってるような気もするので、もうちょっと掘り下げた説明をしたいなと思います。

 

実はこの記事、当初は「自作初心者の方向けに何か書く」みたいな企画だったんですね。

で、何かいいネタ無いかなーと、適当にネットでサーフィンしてたのですが……。

例えば、PC初心者の方なんかが自作PCへとこれから挑戦するべく、Google先生に「パソコン 自作 注意点」とか聞いてみると、よく出てくるのが「静電気には気をつけろ」だとか「パーツの向きには注意しろ」とか「湿気厳禁」だったりするじゃないですか。

まあ、確かにそれはその通りなんです。

ですが、ですよ?

 

僕はふと、疑問に思ったのです。

もし、静電気を大量に発生させたりパーツの向きを間違えたり水濡れさせまくったりしたらどうなるんだろうか?

 

ということでふと天から降りてきたネタが「パソコン壊してみよう」、なのでございます。

 

まあ端的に言ってしまえば、「PC自作における禁忌を犯そう大作戦」とでも言えますでしょうかね。

そんなこんなで、以下「他人の金でパソコン壊すの楽しい(^ q ^)」な魂の叫びをお届けいたします!!!!

 

事前準備

時は遡り、3月某日。
僕とMCNの中の人(おっさん)以下:IQハムスターズは、本企画に必要なパーツ群を調達すべく、秋葉原はジャンク街に襲来していました。

 

やぎこ
いやー、10枚は欲しいですね、10枚!w

IQハムスターズ
まあそのくらいは調達できるんじゃないですかね~w

こんな会話をしながら。

 

そう。限られた予算の中、なるべく多くの物量をこなすという目標のため我々はアキバのジャンク街を徘徊することとなったのだ。
本日の目当てはパソコンのマザーボード。メモリやCPUは手持ちのもので流用できるが、マザーボードに関しては嵩張るためにそれほど手持ちが無く、追加で入手する必要があった。てことでアキバなわけです。
まあ泣く子も黙る秋葉原だし、正直すぐに何枚か手に入るかと思ってた、のですが……。

 

ここで我々は、思った以上の辛酸を舐めさせられることに。

 

 

 

20以上の店舗を回り、収穫が0枚

 

タイプミスではなく、1でも2でもなく、0である。永遠の0。

店を回れども回れども、あるのはノートPCとタブレットのみ。そこにデスクトップPCのマザーボードは存在していなかったのです。

 

ひしひしと押し寄せる時代の流れを感じさせられた結果となり、挙句

 

 

こんなツイートまでして頂くことに。

 

ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。感謝感謝です。

 

 

しかし、ご提供頂けたやつだけではまだまだ足りない……!!

 

と、いうことで。

 

しぶしぶ某フリマアプリやら某オークションサイトやら某ハードがオフしてるお店に行った結果、得たのが本日の被験者たちなのでございます。

 

このキャリーバッグだけで重量15kgくらいありました。

 

あ、そうそう。

ちなみにこの時点で、僕のポケットマネーがウン千円飛んでます。

……あれ? 他人の金どこ行った?

 

余談

やぎこ
まるにゅさん、パーツ代って経費で落ちますかね?

IQハムスターズ
あっ、全部自腹でお願いしますw

 

……どうやら他人の金は使えないことが判明しました。
その代わりにMCNステッカーを頂きました。

……。

…………。

やってTry

ついさっき辞世して来ましたが、IQハムスターズさんにランチご馳走してもらったので復活しました。おいしかった。
ではではお待ちかね、本題の実験タイム行ってみたいと思います!!!(ヤケクソ)

今回使うマザーボードはこちら。

この他にも数枚、ご提供頂いたものがありました

 

主に今から10年前くらい、世代にしてLGA775やSocket AM2~AM3のマザーが集結しました。耐用年数考えると、集め得る最古の世代がこの辺なんだと思います。
……一部、なんだかバカみたいな骨董品も混ざってましたけど。

 

ちなみにこのマザーボード、だいたい僕と同じ年くらいです

ちゃんと動くのがすごいところ

 

そして今回、IQハムスターズよりお借りしたのがこちらの750W電源。

この記事

AMDが送り出したハイエンド新CPU「Ryzen Threadripper 1950X」の限界を探ろうと思ったら予想外に天井知らずだったという話【提供:日本AMD株式会社】

でも活躍してましたね。

 

本当はアキバで買ったジャンクの某動物電源2体を使おうと思ったのですが、さすがにエイプリルナイツさんのオフィスを丸焼けにすることだけは避けたかったので断念しました。
無念。

 


問題の2人。片方に関してはケーブルの銅線が剥き出しになってました。怖かった..

 

水に濡らしてみよう

それでは実験第1弾。
使うのはMSIの「945GM2」、LGA775なPen4が動くマザーです。

こいつを組み立ててあげて、

 

こうして、

こう。ちょっと見えにくいかもですが、ビショビショのヌレヌレにしてみました。

……他意はありません。

 

でもって電源オン。

 

 

はい、無事にお亡くなりになりました。

この後乾かしてから再起動しようと試みましたが、見事に画面には何も表示されませんでした。

水濡れ起動、ダメ絶対。

 

ゴミとかホコリにまみれさせてみよう

それでは第2弾、使うのはASUS製の「M2AVM-HDMI」。AM2なマザーで、この時期のものとしては珍しくI/OパネルにHDMIが刺せます。

動作確認

 

そして取り出したるは、ゴミホコリetc……とはさすがにいかず。
代用として、100均etcでよく売ってるクリップを使ってみることにしました。
まあ、ゴミホコリでよく起こるショートだったりはコレで再現できるんじゃないかな……?と。

 

これを、

こう。

 

ちゃんとスロット各種にも差し込んでおきました。
でもって電源ピンをショートさせ起動。ちなみにすぐ隣では、いつ発火するかとIQハムスターズがハラハラしながら見守ってました。ご心配おかけしました。

 

しーん……。

まあ当たり前ですが起動しませんでした。途中でファンの回転が止まったので、おそらく電源の回路保護が働いたようです。
まあ死んだかな?と思いますよね。

しかし。
クリップを除去してみてから再び起動してみると……?

 

難なく起動。(;゚Д゚)エェェェエェエェエェェェ

うーん、ホコリとかゴミで一度ショートすると、そのままマザーからメモリから、何から何まで壊れちゃうことも多いんですけどねー……。
てことで、ゴミとかホコリだったら掃除してあげれば平気なこともあるとかないとか。

 

はんだごて使おう

どんどん次行きますよー。
それでは第3弾!

 

使うマザーは第2弾と同様です。リサイクルされるのは生き残ってしまったマザーの宿命です。

あ、以下、僕が美少女だと思ってご覧ください。

美少女ならなんだって許されてしまいます。それを念頭に置いて頂けると幸いでございますのです。

 

~やぎこ・愛と情熱の日々 初めてのPC自作チャレンジ編~

 

いっけなーい! 遅刻遅刻ー!

私、やぎこ! マルチコアニュース高校に通う普通の女子高生!
今日はなんだか「パソコンの自作」?っていう授業があるから絶対に遅刻できないんだけど、朝起きて気が付くともう16時だったの! もう、大遅刻だよーっ!
うーん。昨晩PUBGでドン勝10連チャレンジしたのがいけなかったのかな?
てへっ、私ったらドジなんだからぁ♪

ようやく学校に着いたっ!! い、急がなきゃ!!
がららっ! ごめんなさい、遅れましたーっ! 
って、あれ……? 

 

(教室には誰もいなくって、私の机の上にはパソコンの部品がいっぱい置いてあっただけ)

あっ、もしかしてみんなもう、組み立て終わっちゃったのかな……?
大変! 私も早く組み立てて、みんなに追いつかなくっちゃ!
組み立てる方法はよくわからないけど……大丈夫! 先生は簡単って言ってたし、私一人でできるはずよ!

えーっと、機械を組み立てるんだから……やっぱりハンダゴテは大事よね!!
カバンの中に偶然入ってたハンダゴテを取り出して……っと!

 

えーっとー、どこを溶接すればいいんだろう……??
まあいいやっ、適当にやってればどうにかなるよね! いろんなところを触ってみよっと!

 

 

よくわからないけど、たぶんこれで大丈夫なはず!

それじゃあジャンパピンをマイナスドライバーでショートさせて……
えいっ、うごけー!!

 

しーん……。

おっかしーなー、起動しないなぁ……??

あっ、もしかしてハンダ付けが足りなかったのかな?
えいえいっ!

 

 

これでどうだー!……って、まだ動かないよっ! なんでだろう……?
あわわっ、も、もしかして壊しちゃった……!?? た、大変だーっ!!

 

~初めての自作チャレンジ編 終~

 

以上です。ご清聴ありがとうございました。僕としてはこの子が無事に卒業できるか心配です。

初心者の方にはよくある勘違いですが、パソコンを自作するのに(基本的には)ハンダゴテは使いません。いいですね?

 

静電気でバチバチさせてみよう

バシバシ次行きましょう、次!
続いてやっていくのは、パソコン自作における†最大の敵†と言っても過言ではない、静電気についての実験です。

 

どどん。
こちら、ラルフローレンのセーターです。お値段は今回のこの記事の報酬くらいでした。
お次はこれの着脱を数回繰り返して体に静電気を貯め、マザーボードをバチバチさせてみることにします。

今回犠牲になるマザーボードは「P5K」。往年の名マザーですね。

さて、こちらもサクっとぶっ壊していきたいなと思っていたのですが……。
残念ながら季節は春、湿度は50%を超えています。ということで、なかなか静電気なんて発生してくれません。
はじめはせいぜい、セーターを着てマザーを触るくらいで終わらせようと思ったのですが、残念ながらそれだけではバチバチ言ってくれず……。

仕方なく、僕はせっせこせっせことセーターを脱いではまた着て……を繰り返してから、マザーを脇の下でごしごし擦っていくことにしました。これでどうだ、参ったか。

 

余談ですが、これをやってる間にエイプリルナイツの社長さんから「あの外部ライター何やってるんだ……?」みたいな訝しい目で見られた(気がした)ことを僕は一生忘れません。

 

そして僕の努力が実ったのか、無事にお亡くなりになって頂けました。

 

 

ということで、静電気もダメ絶対。

 

CPUを逆に刺してみよう

それじゃあ第5弾。CPUを逆刺ししてみませう。ちなみにこれが用意しておいた最後のネタです。

お次に使っていくのはGIGABYTEさんの「GA-G41M-ES2L」。個人的にはBIOSTARさんと併せて一番好きなマザボのメーカーです。
そして、こいつがかなり恐ろしい耐久力を発揮するのですが……それはまあ置いといて。

今回犠牲になるCPUはCore2Duo E4500。こちらも往年の名CPUです。

GA-G41M-ES2Lに刺さったCore2Duo。今でも根強い人気があります

 

でもって、本当ならただ単に方向を逆にして、そのまま刺すのが定石(?)なのでしょうが……。
残念ながらそのままCPUを反対にして刺してみたものの、上手くおさえブタが閉まってくれなかったので、

向きが逆なのはご愛嬌

 

こんな感じにペンチ&ヤスリで溝を作ってみました。世界に一つだけの4溝CPUです。オンリーワンでナンバーワンなのです。

で、無事にぶっ刺せるようになったので刺して、

目をこらすと向きが逆になってるのが分かると思います。

 

そのまま通電。

 

まあ当たり前ですが起動しません。
ですがですが……??

 

 

なんとびっくり、向きを元に戻してあげると4溝CPUを使っても起動しました。すごいぞCore2Duo。
この時代のCPU&マザーってものすげー頑丈なんですねー……。

 

ネタ切れ

さて、ここまでであらかた用意してきたネタはやり尽くし、窓の外はだんだんと暗く、僕に刺さるオフィス内の「あいつ何やってるんだ」オーラも強くなってきた頃合いのこと。

ここまで来て、なんとまだマザーを3枚しか消費してません。本当は1実験につき1マザーくらいに思ってたのですが、いかんせんどれもこれも頑丈すぎて……。

タイムアップもそろそろという中、コレはマズい!!

 

なるべく多くのマザーをぶっ壊さねば……!!!!

 

……そんなとき、僕の目にはオフィスの片隅にある電子レンジが目に留まりました。

と、いうことで。

 

レンジでチンしてみよう

最終手段、行ってみましょう。
犠牲になるのはさっき使った「GA-G41M-ES2L」です。

 

コレで、

 

この子を、

 

こうして、電源オン。

 

あぁ~!マイクロ波の音ォ〜!!

無常に響くバチバチ音。

……さすがに死んだと思うでしょ?

 

I’ll be back.

 

もうやだ。
レンチンして壊れないとなると、もうハンマーで殴るしか壊す方法が見当たらないです。

 

そして残念ながら、ここでタイムアップ。
まだまだ実験し足りない気持ちはありましたが、これにて実験は終了となりました。あともうネタが思いつきません。
まさか、マザーが余ってしまう状況に陥るとは思ってもなかった……。

そして、背後に堆く積まれた未使用&破壊済みマザーがこちらを恨めしそうに見ていた……ような気がしましたが、彼らは無事に夢の島のほうまでドナドナされて行きました。
いやだってほら、発火とかしたら怖いし……。家まで持ち帰るの面倒だし……(本音)

使い切れなかったマザーをご提供頂いた皆さん、ほんとすみませんでした。

 

お詫びに4溝CPUでもご進呈しますんで勘弁してください。

 

意外と頑丈、だけど……

ということで、冷静に今考えてみると「こいつ頭おかしいんじゃねえのか」みたいな所業をやって参りました。後悔はしてませんが反省はしてます。

ここでざっくりと今回の流れをまとめると、

 

・水濡れはダメ
・静電気もダメ
・ハンダゴテもダメ
・だけどそれ以外なら割と平気
・マザーボードって意外と頑丈

 

こんな結果になってしまいました。

 

自分で言うのもアレですが、

 

ひっでえなコレ。

 

ですがまあ、裏を返してみれば、パソコンパーツは意外と丈夫だってことがわかったので、良しとします……かね?

そんなワケで、今回の企画はこれにて終了になります。マザーボードのマザーたる所以はその包容力にあったみたいでした。

てことでこれからパソコンを組もうとしてる皆さん、あんまり気構えなくてもいいみたいですよ~。

 

※本記事をそのまま鵜呑みにするとパーツ一式を全て吹っ飛ばす恐れもあるので、絶対にマネしないでください。

この記事の著者

やぎこ

適当な理系の大学に通ってる人です。最近は馬乗ったりロケット作ったり薬品まぜまぜしたり文章書いたり。好きなCPUはAthlon ii x2 220です。@yagikochでTwitterやってます。フォロワーさんがまだ少ないので気軽にフォローしてくださいなんでもしますから(なんでもするとは言っていない)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。