streaming kitAVerMedia BU110

社内ディレクターによるMCN一刀両断

最近の携帯電話は指で触って操作できることを知って文明の発展をひしひしと感じている今井です。
どういうお仕事をしていると聞かれたらちょっと回答に困ったりもしますが、一応ディレクターと名乗ることにしています。
去年は財布を2回落として一週間ほど練乳と水だけで過ごしたり、自分の写真を1枚500円で販売してら想像以上に売れてしまい落とした財布の中身以上の額を稼いでしまったりと自分でも何がやりたいのかよくわかっていません。

 

ふざけた余興のせいで本当に仕事している人なのかと思われそうなので軽く自己紹介をさせていただいきます。

特に友達もいなくて1年のうちの8割ぐらいは「レシートいらないです」以外の発言をしない僕ですが、ネット上では饒舌です。
この業界への入り口は小学生の頃にちょうどYahooジオシティーズ全盛期でたまたま自宅にパソコンがある環境だったので、思いつきからウェブサイトの制作に手を出し、共通の趣味を持つ友人を作ったりもしました。
「えっ、文字の羅列だけでページが形成されちゃうの!?すごい!!」と一瞬だけ感動したこともあります。

中高の頃は自己顕示欲(ネット弁慶)が成せる業か他人に見てもらうことを意識したコンテンツ作りやデザインについて学びました。
この頃からCMSがメインストリームになりつつあったので、勉強と趣味の実益を兼ねてメディアを始めました。
このメディアが謎に知名度を稼いでしまい、個人で運用していたものが組織になってとある業界では結構有名なメディアになってしまいました。
今では代表を移して暖かく見守っています。

そんなこんなしているうちに縁があって(MCN運営会社の)エイプリルナイツに就職することになりました。
ディレクターとして色んな現場を経験していきましたが、様々なことがありました。

既視感がありますが違います。

基本的にはディレクターとして進行管理をメインで行ってきたのですが、前例のないO2Oデバイスのインテグレーションやチームビルディングのワークショップをファシリテーションしたりとやりたいことをやり尽くしている感じがあります。
ディレクターとは言ったものの、デバッグのテストシナリオ書いたりプロジェクトメンバーのスケジュールを敷いたりするだけの簡単なお仕事なので、雑用が好きな人にはオススメの職業です。

それはそうと、いつのまにか自社にもMuiti-Core Newsなるメディアが設立されていたようで、リリースされてから社内告知で知った最新情報には疎い僕です。
ずっとプレイしていたゲームも全クリしてしまって時間に余裕ができてしまったので、勝手にMCNについて批評してみたいと思います。
あくまで独断と偏見に塗れた個人的な意見ですが、編集部の怒りを買って掲載されない可能性もあります。

皆さんが見ているということはきっと掲載されているということでしょうね。

 

それでは早速見ていきたいと思います。

 

メディアのタイトル

3/10点

「MULTI CORE NEWS」
なんかCPUみたいなタイトルをしています。
ハードウェア関連のサイトなのかなと想起させることについては成功だと思います。
そのわりには今年の漢字を勝手に決めたり、”料理モノ”なんてカテゴリーがあったりします。
“料理モノ”のカテゴリー、記事1つも投稿されてないし。

内容的には他のメディアでは難解に紹介されているハードウェア関連のものをゆるーく紹介したり、面白いネタを提供するメディアな気がしますね。
タイトルはブランディングの上で一番大事な要素なので英語でかっこよく決めることも大事ですが、別にかっこいいを目指すサイトではないので「まるちこあにゅーす!」みたいな感じで萌えアニメ感を出してゆるくしたほうが路線に沿っているような気がしないでもないです。

 

表示速度

4/10点

メディアなので画像多くて読み込みに時間がかかるのは仕方がないのですが、まだ開設したてでアクセスの母数はきっと少ないので「表示遅いからやっぱ見るのやめようかな」と機会損失を作ってしまうのはは非常にもったいないですよね。
ソーシャル経由での閲覧はわりと気長に待ってくれる傾向があるのですが、オーガニック検索の場合は短気な人が多いようです。
どうやらソーシャルでの展開をメインに行っているので今のところは大丈夫だと思いますが、大きくなると必ずネックになるのでいつかは改善してくれることを祈ってます。

ここだけの話ですが、僕も最初に読み込んだ時に表示が少し遅くてブラウザの右上にある赤い×ボタンを押しかけました。


(トップページをGTmetrixで読み込んだ図)
ウェブサイトの読み込みに3秒以上かかった場合の離脱率は40%と言われています。
それだけではなく、表示が1秒遅れるにつれて16%のユーザーが不満と感じるそうです。
SEOにも悪影響があるので表示速度は改善して欲しいですね。
手始めにソースコードのリファクタリングとCDN導入をしてくれれば大分マシになりそうです。

「俺こそは改善のプロ!」という方がいらっしゃいましたら弊社までぜひご連絡ください。

 

ロゴデザイン

?/10点

ロゴは無意味に「かっこいいからこんな感じにしよう!」なんてものではありません。
全てにストーリーが必要で、デザインの上で不要な要素は何一つと含まれていないのです。
実はロゴって何気なく見ただけでも深層心理に語りかけてくるんですよ。

弊社の凄腕デザイナーひじきぼーいが制作したロゴですが、僕の勝手な解釈でどういう意図なのか紐解いてみたいと思います。

キューブ(六角形)は最近はトレンドから外れている少しお硬いデザインです。

▼六角形

六角形……ヘキサゴン……ヘキサコア……ハードウェア……!?
こんな感じで連想できるのではないかと思います。
ハードウェアってなんか角ばってるイメージありますよね。

▼キューブ

これは六角形に直線を3本引くことで成り立ちます。
つまりは「MULTI CORE NEWS」に三面を持つということで、
・PC、ハードウェアの側面
・ゲーム、e-Sportsの側面
・エイプリルナイツの側面
これらを兼ね備えており、骨組みの基本であるキューブで表現していることでメディアとしての原点思考があるように感じます。
また、各面にCMYKカラーモデルでMCNの文字が入っており、かつ黒が除かれているので、黒いところはなしで真剣勝負しているということなのでしょう。

最初に六角形がお硬いデザインと触れましたが、なぜなのかと思った人のためにも軽く触れたいと思います。
ハニカム構造という単語を聞いたことありますか?
日本語でいうと蜂の巣構造です。
ボルトの頭の部分や鉛筆って実は六角形だったりしませんか。
飛行機や新幹線も実は六角形の構造でできていたりします。
六角形の深い理由は割愛しますが頑丈なものってだいたい六角形だったします。
こういう小さい理由が深層心理に語りかけてきて「あ、硬いんだな」と無意識に認識するのです。

 

サイトのデザイン

2/10点

“ありきたりなメディア”という感じがします。
斬新さを求めて使いづらいインターフェースを持ってこられるよりはこっちのほうが断然いいです。
見やすさと安心感はあるものの、新鮮さがないので更新頻度マシマシで運営していかないと飽きられやすいかなと思います。
全体的にオレンジ色の配色ですが、エネルギッシュというよりはくつろぎの印象のほうが強いです。
疲れた心のオアシスにして欲しいということなのかな。

1月5日の時点ですが、5秒ぐらいスキャニングしただけでも結構気になる点がありました。

 

MCNの運営へ
これ以上の添削は別途料金がかかりますので気になる場合は仮想通貨で対応いたします。
ある程度ビューアーが増えて予算が回せるようになった時にメディアのリニューアルを検討している場合はぜひ僕にお声がけください。
リニューアルはもちろんのこと、戦略策定からロードマッピングやキャンペーン施策の実施、SEO対策全て対応いたします。

本当はもっとガッツリと厳しいことを言おうとしたのですが、思ったよりコンテンツの内容が面白かったのでいいとこまでは行きそうだと思いました。
注文したピザの宅配がそろそろ来そうなので今回の一刀両断はここらへんで小休止したいと思います。
もし、次に記事を書かせていただく機会(あるのだろうか)があれば別の視点からMCNを見てみたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。