streaming kitAVerMedia BU110

創業130年!なぜかカフェも!謎の老舗画材屋、文房堂さんが「B.S.A EXHIBITION~文房堂スタッフによる作品展~」をやっていたので視察に行ってきましたよ!【文房堂の中の人作品もあります】

こんにちは。MCN編集部、自称ミステリー研究家のAC.Stnixです。タイトルにもありますが、色々と謎の多い画材屋、文房堂ぶんぽうどうさんにお邪魔してきました。

 

にしても文房堂さん、すごいですよね。ちょっと調べるだけでもツッコミどころがいっぱい。

 

創業130年を超える→すごい!明治20年6月6日創業!
3階にカフェがある→画材屋なのにカフェ?
しかもメニューが豊富→???

 

なるほど、わからん。勝手なイメージですが、紙とか木を扱う店って飲食は駄目!って流れになりそうなものなんですが…?

 

しかもよく調べると、ここ2、3年辺りに出来てたんですね。

 

130年もやっていると新しい事へのチャレンジって難しそうですが、そこを突破してくるとは、なかなかやりますね文房堂さん…。

 

 

 これは取材しかない。しかし、ただ店に行って取材するにしても何かネタが欲しい…どうしたものか。と思っていたら。

 

なるほど。作品展があるのか…

 

ん?よく見ると「文房堂スタッフによる」作品展って書いてある…

確かに専門店なら作れる方も多そう。

これは面白そうだ!創業初のイベントって言ってるし行くしかない!

 

早速Twitterの中の人へコンタクトを取ったところ、二つ返事でOKが。やったー!

 

 

そして当日…

 

 前日にまさかの記録的な大雪があり、取材日は一面の雪、雪、雪。

 

降ってはいませんでしたが、道が氷属性に変化。

 

しかし電車自体は遅延こそあったものの動いていたので無事到着。

せっかくの神保町なのでカレーを食べたいところではありますが、さすがに初対面、しかもめちゃくちゃ繊細なものを扱っているお店にカレーの匂いを装備したおっさん(30代)が突入するのも失礼なので何も食べずに現地へ。

 

入り口からしてもう「うち歴史ありまっせ」感が満載…

 

すごく歴史を感じる空気感のある店構えではあるのですが、入り口にいきなり猫グッズが展開されていたりと想像しているよりも敷居の低い感じが。

お伺いする時間より少しだけ早く来ていたので、それまで1階のショップを見ていたのですが、子供向けの知育おもちゃや干支の人形など、「画材屋とは?」と検索をかけたくなるようなラインナップ。

もちろん奥の方や他の階は「ガチ of the ガチ」の専門店なのでご安心を。

といっても皆さんが見たこともある製品も多く売られているので、ちょっと面白い文房具屋さん、くらいのノリで来てみるといいかもですね。

 

会場前には例の看板が。

そんな訳で、集合時間がきたので3階にある会場へ。

普段は「文房堂GalleryCafe」として運営されており、お茶や食事をしつつ作品が見れたり出来ます。おされ。

 

そして中の人と合流。女性でございました。中の人、もしかしておっさん少ない説…?

 

中の人の写真を撮り忘れたので作品の画像を貼っておきますね!

 

本日はよろしくお願いします。にしても予想したより凄い出来栄えの作品が…
こちらこそよろしくお願いします!そうなんですよ!思ったよりもみんな、本気出してまして…!
スタッフさんによる作品展、と聞いていたのでかなり驚きましたね!さすが専門店のスタッフさん、といったところです。
やっぱり、画材屋という事もあって美大や実際に専門の仕事をしながらバイトをしているスタッフが多いからですね。中には相当な技能を持っているスタッフもいるので、今回の作品展も私が驚くくらいのクオリティのものがゴロゴロと…。
なるほど…。ところで、ご存知だといいのですが…噂によるとイベント初日に「納期に間に合わなかったからお詫び文を展示」したスタッフが居たとか…?
最初は間に合う予定で書いてたんですよ!ただ予想よりもこう、ペースというかなんというかですね…10日前から本気出そうと思ってたのですが、あれよあれよと気づけば5日前…あれ…?納期と…
なかなかシュールで面白かったので結果的には良かったんじゃないですかね?気持ちは分かりますしね、納期ってなかなか、ね…。
ただ、今日は「MCNさんが取材に来られるので意地でも!」となんとか間に合わせて来ましたよ!今日の朝になんとか!
おお…ということは完成品が今日は見れる!しかも出来たてほやほやなやつだ!
はい!でも、おかげでほとんど寝れてないんですけどね…次からはスケジュールもちゃんと調整しながらやらないとなぁ…

 

これが初日のツイート。前代未聞のお詫び文を展示。自由を感じますね

 

ところで、今回のスタッフ展はどういう経緯ではじまったんですか?偏見で失礼なのは承知で聞きますが、130年も続いている企業って硬いというか、新しいものにアレルギーがあるというか。なかなか中の人達の作品を展示しよう!とは思いつかないイメージがあったんですが…。
そうですね。少し話が逸れるかもしれませんが、この業界ってデジタル化の影響で少しずつ縮小傾向にあるんですね。しかし文房堂はそんな厳しい状況の中でも新しいお客様を獲得しなければならないですし、なによりも興味を持つ方を引き込む必要があります。そこで色々と考えた結果、画材屋に興味はなくても入れるように、かわいいグッズや知育製品を入り口近くに展開する店作りや、カフェを作る事で一般の方がギャラリーに展示されている作品を見て興味を持ってくれるように、という風な、新しい試みをどんどん行ってます。
確かに。看板はガッチガチの画材屋!って感じなのに、店には入りやすかった。入り口、猫のグッズだらけだったしね。木を扱う店でもあるから知育製品との親和性も高いし、なかなかよく考えられてるなぁ…
ありがとうございます。あとは画材屋といっても、案外見たことのある製品も多く扱っているので、ちょっと文房具買いにいこうかな?といったお客様達も来てほしいな、と考えてます。
ふむふむ…。
そして本題の話に戻るのですが、そんな事もあってカフェにギャラリーがあり、かつこの時期は展示イベントも少ない事もあって、それならスタッフ達に作品作ってもらって、みんなに中の人達はこんな事してるんですよ!と提示してみよう、と企画が決まりました。ちなみに、企画を提案したのはこの店のオーナーさんです。そうして鶴の一声で企画が決定、それからはもう、やる気のあるスタッフがノリノリになってですね…
オーナーさん、すごくアクティブな方なんだな…。にしてもそんな流れでスタッフの皆さんはあのクラスの作品作っちゃった訳ですね…。どれくらい時間掛けたんだろうなぁ。
熱意がすごいですよね…。それに今回はやっぱり、ただの展示会ではなくて、皆さんにスタッフはこんな表現をするんですよ、と見てもらって、それを見たお客様が「あのスタッフさんはああいうのが得意なのか!ちょっと相談してみよう」みたいな、中の人を理解してもらう事で広がるものもあるんじゃないか、と考えてます。文房堂はTwitterもやってますし、こういう自社イベント的なものってSNSとの相性もいいですしね。
この時代ならでは、というのはありますね。すごく硬いイメージの「画材屋」というところを、Twitterを見れば「あれ、なんか面白そうだな…」に変えてくれるツールですね。大事です。
おかげで、問い合わせや全く絵を書いたことのない方も店に来てくれたりするようになってきました。先程も言いましたが、カフェを作った経緯も絵に興味を持ってもらいたくて始めたものです。それがこうやって繋がって、結果こうやってイベントになる…。なかなか面白いですよね!

 

創業130年を超えるTwitterだけど、ゆるい。ゆるーい。

にしても、やはりアナログはいいですね。MCNが今回取材したかった理由でもありますが、こういった作品展って、立体感や実際の目で見る色に触れられる訳じゃないですか。デジタルでは分からない奥行きというかなんというか。
(ブンブンと頷いている)
恐らく、デジタルから絵に入った方のほうが今は多いと思いますが、一度で良いので実際にアナログの作品を見てほしいんです。それにもし興味が出てきたら、今度は1回でいいので実際に作ってみてほしい。私は写真畑なので、絵とは違う世界ではありますが、やはり印刷された写真を実際に見た時の感動は凄いんですよ。額に入れるともっとウルウルします。紙だってすごく悩んで選んだりしますしね。触感とでもいえばいいのでしょうか、そういうものを経験してほしい、と常日頃思ってたりします。
分かります。(作品が)完成した時、嬉しかったなぁ…。
私達の世代は油絵や水彩を学校や遊びでよく経験してましたが、今の若い世代になると学校であまりやらないようで、デジタル以外触ったことがない方も多いそうです。なのでこれはあくまで想像ではあるんですが、そういう方達が一度この景色を見るだけでも相当驚かれるんじゃないかな、と。実際、私もこのギャラリーに入って作品を見させてもらいますが、デジタルでは得られない感覚に圧倒されちゃいましたね…!
はい!実際に見て頂けるとスタッフの内側というか、そういったものが見えてくると思うんですね。なので是非、今回の記事は開催期間中に挙げて頂きたくて…!
もちろんです!(あっ適当に言っちゃった…)頑張って宣伝するので期待してもらえますと!

という訳で、せっかくなので開催期間中に掲載したいので、急遽記事を「イベントの紹介記事」と、問い合わせも多かった事もありますが、「文房堂ってどんなところ?」という記事の2部構成に分ける事にいたしました。

文房堂さん、奥が深すぎて1つの記事にするには尺が足りない、というのが本音ですが…!!

 

 イベント情報はこちら!
 創業130年の歴史の中でも初の試みという事で、かなり貴重なイベントです!皆さん是非、御覧くださいね!

主催 文房堂
イベント名 B.S.A EXHIBITION~ 文房堂スタッフによる作品展~
開催日時 1/22(月)~2/4(日)11:00~19:30(最終日は17:00まで)
会場 文房堂 gallerycafe

この記事の著者

IQハムスターズMCN編集部/撮影班

こんにちは、IQハムスターズです。名前変えました。
社内では主に全てのフォントを「POP体」に変える仕事をしています。
【出身地】神戸県
【趣味】個人ブログを読む
【特技】写真、動画撮影
【好きなゲーム】FPS・レースゲーム全般

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。