streaming kitAVerMedia BU110

【プレスリリース】カメラ向けキャプチャーデバイス「BU110」発表【AVerMedia】

アバーメディア・テクノロジーズ株式会社(東京都千代田区)は、キャプチャー製品の新機種「UVCキャプチャーデバイス(型番:BU110)

BU110

 

を、全国の家電量販店、オンラインショッピングサイトなどで2017年12月12日(火)より発売開始いたします。

BU110はHDMI入力端子を搭載しており、フルHDの録画・ライブ配信に対応しています。HDMI出力端子のあるカメラを接続すれば、カメラの美しい映像をリアルタイムで配信することが可能です。最大1080p/60fpsでの録画・ライブ配信に対応しています。


BU110は高画質な動画撮影が可能な一眼レフカメラやビデオカメラ映像の配信に最適です。いつでもどこからでも、AndroidデバイスやPCを利用して、気軽に高画質映像を     配信できます。

本製品の最大の特徴は、カメラへの対応です。BU110 は小型で軽量なキャプチャーデバイスで、屋外での利用も簡単です。UVC(USB Video Class)に対応し、パソコンとの接続の際もドライバーのインストールは不要。イベント、アウトドアでのライブ配信、ユーチューバー、ジャーナリストに最適です。

<製品特徴>

Androidデバイスから配信可能!シェアしたいことをみんなに配信しましょう!

アウトドアスポーツやイベントなど、外出先から美しい映像を配信したい時には、BU110が最適です。

BU110とデジタルカメラやビデオカメラ、Android   デバイスを接続して、配信用アプリ”CameraFi Live” (Vault Micro, Inc.社製)を使えば、PCが無くても簡単に高画質・低遅延の映像を配信できます。

 

パソコンを利用して、気軽に配信!

UVC(USB Video Class)に   対応しており、ドライバーのインストールは不要。高品質カメラ映像を、その場でパソコンに取り込み、他のソースと編集してストリーミングが可能です。PIP(ピクチャインピクチャ)機能や文字・ロゴの挿入機能などを利用して、あなただけのオリジナリティあふれる、ハイレベルな映像配信が可能です。

パソコンを接続する場合

パソコン(PC / Mac)でソース機器の録画・ライブ配信を行います。

ビデオカメラやゲーム機、iOSデバイス(iPhoneなど)などの映像はBU110経由でパソコンの画面に表示されます。パソコン側のキャプチャーソフトを利用すれば、録画・ライブ配信のカスタマイズ設定が可能です。

 

Androidデバイスを接続する場合

Androidデバイス(スマホなど)でビデオカメラなどのソース機器の録画・

ライブ配信を行います。ビデオカメラ/一眼レフデジタルカメラで撮影した

イベントや研修会などの中継映像はBU110を経由してAndroidデバイスの

画面に表示されます。Androidデバイス側で配信アプリ「CameraFI Live」を利用して、録画・ライブ配信を行います。

<製品情報>
製造元:AVerMedia Technologies
製品名:UVCキャプチャーデバイス

型番:BU110

JANコード:4-710710-678869
発売時期: 2017年12月12日
価格:オープン価格

想定店頭売価:27,000円前後(税別)
製品情報URL:http://www.avermedia.co.jp/product_swap/bu110.html

 

 

< AVerMedia TECHNOLOGIES社概要 >
AVerMedia TECHNOLOGIES社は、台湾に本社を構え、ビデオキャプチャー、ストリーミング、オーディオ製品を中心に、現在、世界75ヶ国でグローバルに事業展開しております。技術、品質を重視する技術集団のもと自社にて設計、製造、品質管理を徹底し、自社“AVerMedia“ ブランド商品の市場導入のほかに、OEM/ODMパートナー様にも製品を供給し、高い評価をいただいております。

URL:http://www.avermedia.co.jp/

※本リリースに記載した製品・サービス名は各社の商標・登録商標です。

 

<本ニュースリリースに関するお問い合せ先>
アバーメディア・テクノロジーズ株式会社 担当:Joan(ジョアン)

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-3-13 麹町秀永ビル 6階
E-mail:Joan.Chen@avermedia.com  URL:http://www.avermedia.co.jp/

 

投稿者:MCNひじきぼーい

 

【お問い合わせフォーム】

 

この記事の著者

ひじきぼーいMCN編集部/グラフィックデザイナー

ひじきぼーいです。いつも当ポンコツメディアをご愛読頂きありがとうございます :D
MCNでは編集全般担当してます。
その他、グラフィックデザイン等。映像、画像、ロゴなど作る何でも屋です。
チョットした自己紹介..
----------
【出生地】埼玉県行田市

【ひじきぼーいという名前の由来】ゲーム仲間がある時ゲーム名である『HIJACKE.BOY-』の『(HIJACKE)ハイジャック』を読み間違え≪ひじき≫と呼ばれるようになり、そのまま「ひじきぼーい」と呼ばれるようになりました。一部で『ぴーまん』とも呼ばれてます(一番謎)

【趣味】旅行・ドライブ・ゲーム・音楽、映画鑑賞・スノーボード
----------

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。