streaming kitAVerMedia BU110

【キーボー道】ARCHISS ProgresTouch RETROキーボードのご紹介!【提供アーキサイト】

こんにちは、最近キーボード「Fキー」の反応が悪くPUBGのドアが開けれないので買い換えようか迷っているひじきぼーいです。
100兆人が持っているといわれているキーボード。みなさんはどんなキーボード使っていますか?僕はRazerの「BlackWidow2013」を使っています。こちらは青軸でカチカチと言った音が特徴のキーボードです。特にゲームユーザーに向いています。

そこで1つ、皆さんにお勧めしたいキーボードがあります。こちらです!

 

 

 

ッターンッ!!!!

こちらのキーボード、見た目は結構普通。色々な形のキーボードがありますがこちらのキーボードは比較的四角い。余計なモノを感じさせない。

 

「キーボー道」

 

らしさが伺える一品です。そんなARCHISS ProgresTouch RETRO(日本語配列)キーボードに秘められた中身の部分を見ていきます。

 

ARCHISS ProgresTouch RETRO (日本語配列)キーボードとは?

まずこちらのキーボードはメカニカルキーボードという種類になります。
メカニカルキーボードとはキーを取り外した際、色付きのスイッチが搭載されているものを指し、その下にはバネが仕込まれておりそれが反発してキーが戻るという構造で作られていて剛性や耐久性に優れるキーボードの事を指します。キースイッチのタイプはメンブレン方式というものになります。キーが四角いアレです。アレがメンブレン方式です。

 

各軸(黒・赤(清音))の使い心地と使ってみての感想

黒軸

キーストロークが4mmあり、半押し(2mm)くらいでも確実に反応します。タイピングでの疲れが軽減される軸だと感じ、押下圧が高く(約60g)キーの戻りも速いので長時間のタイピングやゲーマーにはかなり向いていると思います。タイプ音も非常に静かです。あと黒いです。

 

 

茶軸

キーの軽さ(45g)、クリック感(普通)、タイピング音(清音寄り)、それぞれバランスの取れているのが茶軸です。キーの軽さは重くもなく軽くもなく・・・。使いやすい軽さでスイッチ感はほどよくありタイピング音もうるさいとは感じない程度です。あと茶色いです。

 

赤軸

前述の茶軸のキータッチを少し軽くしスイッチ感を激減させたようなイメージの軸です。タッチが軽いためこれも疲れにくいというメリットがあり、タイピングが多い方やゲーマーにはお勧めだと思いました。(キータッチは黒軸(60g)より軽いです(45g))クリック感はほぼ無いに等しくタイピング音もやや小さめです。赤いです。

 

赤軸(静音)

一見、ピンク色の軸をしているのがこちらの軸。赤軸の使い易さをそのままにタイピング音を小さくした清音性に優れている軸だと感じました。ですが、赤軸と比べたらスイッチ感が心持ち少々重めです。赤軸と黒軸の特性がバランス良く組み合わせられた軸でした。というよりよく見たらピンクでした。

※写真だとわかりずらい!!!

 

 

軸全体の感想

黒軸は半押しでも反応するという利点がある為、高速でのタイピングに向いており普段からゲームをプレイする僕からしても良い軸だと感じました。赤軸に関しても軽いタッチでスラスラ入力できる利点があり長時間タイピングでも疲れないです。正直どちらも甲乙付け難いですが、ひじきは“赤軸”を選択します。決定打はやはり滑らかな打ち心地と赤いし「3倍」じゃないかなと思ったからです。

ARCHISS ProgresTouch RETRO (日本語配列)を使用してみての感想

キーボード全体として使ってみての感想ですが、まず全体的に全てのキーへ指が届きやすいキーボードだと感じました。手が小さい僕ですが、手自体を動かして押したいキーへ持って行くという事が無く、チルトスタンド(キーボード背面の角度調節するパーツ)に滑り止めがある為、キーボード自体が意図的に動かさない限り動きません。
また、キーボードのケーブル周りですが、USBプラグを差し込む脱着式のプラグがあります。

そして、底面にケーブルガイドがあるので様々な方向へ取り回すことも可能です。更に「Fnキー+F(数字キー)」で音量調節や次へ進む、前に戻る等の動作などのアクションが出来ます。非常に便利で使い勝手の良いメカニカルキーボードだと感じました。

 

 

ということで、僕のように「キーボード買い換えてみようかな?」と検討されている方は是非PCショップで

ARCHISS ProgresTouch RETRO (日本語配列)キーボード

触ってみて検討してみてください!


2017/11/27 投稿


【お問い合わせフォーム】

この記事の著者

ひじきぼーいMCN編集部/グラフィックデザイナー

ひじきぼーいです。いつも当ポンコツメディアをご愛読頂きありがとうございます :D
MCNでは編集全般担当してます。
その他、グラフィックデザイン等。映像、画像、ロゴなど作る何でも屋です。
チョットした自己紹介..
----------
【出生地】埼玉県行田市

【ひじきぼーいという名前の由来】ゲーム仲間がある時ゲーム名である『HIJACKE.BOY-』の『(HIJACKE)ハイジャック』を読み間違え≪ひじき≫と呼ばれるようになり、そのまま「ひじきぼーい」と呼ばれるようになりました。一部で『ぴーまん』とも呼ばれてます(一番謎)

【趣味】旅行・ドライブ・ゲーム・音楽、映画鑑賞・スノーボード
----------

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。